新生エポカ、新宿伊勢丹に究極ジャケットショップ期間限定オープン

Fashion Fashion

エポカから“究極のジャケット”が誕生。美と技が集約されたその1着は、しっかりとした手仕事と上質な素材から生み出された。着心地の良さと端正なシルエットを追求。6万6,000円
  • エポカから“究極のジャケット”が誕生。美と技が集約されたその1着は、しっかりとした手仕事と上質な素材から生み出された。着心地の良さと端正なシルエットを追求。6万6,000円
  • 三越伊勢丹3着限定で展開されるシルクタフタジャケット。前身頃の芯地に本バス(白馬の尻尾の毛)芯を使用。ノッチラペルの凛とした表情が、“別格”のオーラを湛える。30万円
  • ジャケットのVゾーンから除くニュアンスを自在に操れる新感覚のシャツが登場。好きなシャツ飾りをトッピングすることで、好きなスタイルを実現できる。シャツ2万9,000円、シャツ飾り(フリル)1万5,000円
  • 独特の凹凸感を出した、ふくれジャカード織りを使用。黒地にゴールドラメが全面に織り込まれ、重厚感のある輝きを放つ。デザインはアイコンジャケットと同じ、生地違い。三越伊勢丹限定。15万円
  • まるでペインティングしたかのようなタッチをジャカード織りで表現しているアーティスティックなジャケット。大きくパネル状に施された大胆なカラーリングでマーブル柄を表現している。三越伊勢丹限定。15万円
  • クリスタルがちりばめられたタイで美麗なジャケットに更に華やかさを添えて。チェーンで簡単に着脱できる。4万円
  • ジャケットのVゾーンから除くニュアンスを自在に操れる新感覚のシャツが登場。好きなシャツ飾りをトッピングすることで、好きなスタイルを実現できる。シャツ2万9,000円、シャツ飾り(ボウ)1万5,000円
  • 活躍度の高い、シンプルな黒ジャケット。0.5~1cmの差にこだわって細かく5サイズに刻むことで、テーラーメイドに極限まで近づけた理想的な着用感とフィット感を実現している。7万3,000円
「日本発の国際服」として1995年にデビューした「エポカ(EPOCA)」。19年目を迎えた今年、14AWシーズンよりミラノ在住イタリア人のガブリエレ・コランジェロをクリエーティブディレクターに迎え、「ジェントル ウーマン」のための大人のモード服にアップデイトされ、注目が集まっている。

コランジェロは、伝統的なテーラーの技やラグジュアリーなディテール、ミニマルなアウトラインというイタリア文化に培われた服作りにこだわり、都会的に洗練されたこれまでのエポカウーマンのイメージに加え、知的で優しさと強さを備えた女性像を示し、高感度な女性へアプローチする狙いを打ち出した。

その進化の核となるアイテムとしてジャケットをフィーチャーするポップアップショップ「10 stories of Jackets」が、9月3日から9日まで伊勢丹新宿店4階センターパーク/ザ・ステージ#4で開催されることになった。

ポップアップショップで提案される10のジャケットスタイルの中で、新生エポカを象徴するのが、1着のアイコンジャケット(6万6,000円)だ。このアイテムは、メイド・イン・ジャパンにこだわり、メンズのテーラー技術を取り入れてインポートブランドにも引けを取らない構築的なシルエットと着心地の良さを追求した逸品。日本女性の体形にフィットするニュースタンダードジャケットをエポカから発信していく。

このジャケットは、同素材でセットアップにするとオフィシャルなオンタイム仕様に、デニムと組み合わせるとカジュアルなおしゃれ着にもなる。価格も7万から8万円代と、ドメスティックブランド以上、インポート未満の設定。感度の高い女性の「買うべきジャケット」リストに入るに違いない。

更にポップアップショップでは三越伊勢丹限定の二つのカテゴリーからなる限定ジャケットが販売される。一つは、伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、銀座三越で各1点のみ販売される世界で3点しかないシルクタフタのジャケット(30万円)だ。最も贅沢な色といわれる白のジャケットは、技術の粋が集まったアトリエのクチュール的な手仕事で完成したという。また、この限定ジャケットの30万円というハードルより低くなる、15万円台の魅了的なジャケット3型が用意されたのもうれしい。ラメ入りのジャカード素材、シルクウールで織りなすグリーンとシルバーの大胆な配色が特徴のパネルジャカード素材、ジオメトリックなパターンをスパングルで表現したブラックジャケット。いずれもメイド・イン・イタリアの大胆な素材が光っている。個性的な“私だけの・パーソナルな”ジャケット選びと着こなしは、ジャケットの存在感以上にその人なりのパーソナリティーを際立たせる。

もう一つのトピックは、これまで38、40、42(イタリアサイズ)だったものに、プレタポルテのではありえなかった39、41というサイズをプラスした5サイズ設定した3型のジャケットが店頭に並ぶことになっている。サイズ感やフィット感は着こなしとスタイルをきれいにみせる重大なポイントだけに「私だけのジャケット選び」の基準にしてはいかがだろう。

ポップアップショップは日本橋三越本店、銀座三越でも同時開催される。


問い合わせ先
SANYO SHOKAI LTD C.R. DEPT
0120-340-460
《Yuri Yokoi》
  • エポカから“究極のジャケット”が誕生。美と技が集約されたその1着は、しっかりとした手仕事と上質な素材から生み出された。着心地の良さと端正なシルエットを追求。6万6,000円
  • 三越伊勢丹3着限定で展開されるシルクタフタジャケット。前身頃の芯地に本バス(白馬の尻尾の毛)芯を使用。ノッチラペルの凛とした表情が、“別格”のオーラを湛える。30万円
  • ジャケットのVゾーンから除くニュアンスを自在に操れる新感覚のシャツが登場。好きなシャツ飾りをトッピングすることで、好きなスタイルを実現できる。シャツ2万9,000円、シャツ飾り(フリル)1万5,000円
  • 独特の凹凸感を出した、ふくれジャカード織りを使用。黒地にゴールドラメが全面に織り込まれ、重厚感のある輝きを放つ。デザインはアイコンジャケットと同じ、生地違い。三越伊勢丹限定。15万円
  • まるでペインティングしたかのようなタッチをジャカード織りで表現しているアーティスティックなジャケット。大きくパネル状に施された大胆なカラーリングでマーブル柄を表現している。三越伊勢丹限定。15万円
  • クリスタルがちりばめられたタイで美麗なジャケットに更に華やかさを添えて。チェーンで簡単に着脱できる。4万円
  • ジャケットのVゾーンから除くニュアンスを自在に操れる新感覚のシャツが登場。好きなシャツ飾りをトッピングすることで、好きなスタイルを実現できる。シャツ2万9,000円、シャツ飾り(ボウ)1万5,000円
  • 活躍度の高い、シンプルな黒ジャケット。0.5~1cmの差にこだわって細かく5サイズに刻むことで、テーラーメイドに極限まで近づけた理想的な着用感とフィット感を実現している。7万3,000円
  • 流れるようなラインが美しいサテンの襟がデコルテを艶やかに見せるエレガントなデザイン。装いをさりげなくドレッシーに仕上げ、ワンランクアップのコーディネートを叶える。5サイズ展開。7万3,000円
  • シンプルなジャケットスタイルにはレースのクラッチバッグが遊びとエレガントさを添える。2万7,000円
  • 身頃とカラーで質感の異なる黒のコンビネーションが生み出すタキシードジャケットは官能的なまでに美しく、マニッシュだからこそ女性らしさを引き立たせる。パーティーシーンでも小慣れた雰囲気に。7万9,000円
  • 異素材コンビネーションがおしゃれ心をくすぐるAラインのシャツワンピース。スカート部分の前面にインポート素材を使用し、前後のボリュームに変化をつけることで、遊び心を加えている。6万9,000円
  • きらびやかなパーティーシーンをクリスタルロックがぐっと引き立てる。9万円
  • 大人のレディーに相応しい、ミニマルなフォルムと上品なアクセント。ウエストにあしらわれたベルトは視線を集めることでスタイルをよく見せるだけでなく、特別感をプラスしてくれる。7万6,000円
  • 着こなしの可能性を広げてくれる、スネーク柄プリントのワンピース。辛口なニュアンスと気品あるシルエット、華奢なボウタイが洗練された立ち振る舞いと優雅さを演出する。8万9,000円
  • ネイビー×ブラックストライプのウール地を端正でシャープなシルエットに仕立てた。おそろいのパンツを合わせればモードなセットアップスタイルが完成。7万6,000円
  • ハンドメイドの技術を駆使して、薄くしなやかなウールをリバーシブル仕立てにしたノーカラージャケット。スカートとも相性の良い、計算されたコンパクトシルエットが特徴。7万9,000円
  • オーナメントモチーフの柄がミニマムなジャケットスタイルに彩りを利かせてくれる。オン・オフ両方で活躍するスカーフ。3万円
  • ネックレス3万円
  • チョーカー2万5,000円
  • イヤリング1万2,000円
  • クラッチバッグ2万7,000円
  • オーナメントレザーバングル2万3,000円
  • パンチングレザーバングル2万5,000円
  • メタルプレートバングル2万円

特集

page top