NIGOやビームス社長が東京案内。地元クリエーターの旅行ガイド発刊

Fashion Fashion

「世界のシティ・ガイド」の東京編
  • 「世界のシティ・ガイド」の東京編
  • 「世界のシティ・ガイド」のバルセロナ編
  • 「世界のシティ・ガイド」のベルリン編
  • 「世界のシティ・ガイド」のロンドン編
  • 「世界のシティ・ガイド」のニューヨーク編
  • 「世界のシティ・ガイド」のパリ編
パイ インターナショナルは、世界の都市情報を紹介するガイドブック『世界のシティ・ガイド CITIX60』(1,200円)シリーズを8月上旬に発刊する。

今回発売されるガイドブックはそれぞれロンドン、パリ、ニューヨーク、東京、バルセロナ、ベルリンを案内する全6冊。“有名スポット&建築”“文化施設&アート・スペース”“マーケット&ショップ”“レストラン&カフェ”“ナイトライフ”の5章によって構成される。

なお、本誌では地元のクリエーター60人が、それぞれ都市の人気スポットを1件ずつセレクトして紹介している。そのため、各都市の住人ならではの視点で街の見どころが案内されているのが大きな特徴。ファッション関係のクリエーターが薦めるスポットも数多く採用されており、例えばロンドンではジェーン・ボウラー(Jane Bowler)やジェフリー・J・フィンチ(Geoffrey J. Finch)が、パリではダイアン・ペルネ(Diane Pernet)やフラミニア・サクッチ(Flaminia Saccucci)などが登場している。

各スポットのページにはQRコードが掲載されており、その所在地をスマホのグーグルマップで表示することが可能。メモ書きに便利なノートページも用意され、カバーを外せば街の地図として利用できる。なお、この地図はそれぞれ地元のイラストレーターが描いた。
《HEW》
  • 「世界のシティ・ガイド」の東京編
  • 「世界のシティ・ガイド」のバルセロナ編
  • 「世界のシティ・ガイド」のベルリン編
  • 「世界のシティ・ガイド」のロンドン編
  • 「世界のシティ・ガイド」のニューヨーク編
  • 「世界のシティ・ガイド」のパリ編

特集

page top