N°21世界初ショップが表参道にオープン。豪華チープなミックスインテリア

Fashion Fashion

「ヌメロ ヴェントゥーノ」世界初の旗艦店が表参道にオープン
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」世界初の旗艦店が表参道にオープン
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」1階。正面の什器はダミアン・ハーストの作品から着想したもの
  • 1階はウィメンズフロア
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」1階シューズディスプレイ
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」2階にも1階同様の輪切り什器が据えられる
  • 2階はメンズフロア
  • 2階はメンズフロア
  • 3階はテラス
アレッサンドロ・デラクア(Alessandro dell'Acqua)がデザインする「ヌメロ ヴェントゥーノ(N°21)」が8月1日、東京・表参道に世界初のフラッグシップショップをオープンした。住所は東京都渋谷区神宮前4-3-17。イザベル マランの隣に位置する元民家を改築した。

ショップは地上1階から3階の3フロア、店舗面積約134平方メートル。ウィメンズ、メンズのコレクションラインやコマーシャルラインのウエアからバッグ、シューズ、アクセサリーまで、同ブランドの全ラインに加えて、同店だけの限定商品も展開している。

デラクア自身がアートディレクションを務め、デラクアの私邸のデザインも手掛けている、建築家のハネス・ペール(Hannes Peer)がデザインした同店。エントランス部分のコンクリート剥き出しの壁や、床と店内の大理石を敷き詰めた床など、美しいコントラストが特徴。シュールレアリスムを彷彿させる壁面を飾る鏡の装飾や、ダミアン・ハースト(Damien Hirst)からインスピレーションを得たという、六つにスライスされ、ガラスの箱に収められたアールデコ調のテーブルもコントラストを表現している。1階ではウィメンズ、2階ではメンズを販売。3階はVIPなどのためのサロンとして使われる。

また、限定商品として、ウィメンズにはスパンコールをアクセントにした取り外しの出来る襟がポイントのピンクと黒のカーディガン6万9,000円、メンズにはレースのジャケット15万6,000円を発売。

同ブランドを運営する伊・2112 s.r.l.社の、ロベルト・オルテッロ(Roberto Ortello)CEOは「昨年の世界全体の売り上げは2,200万ユーロだが、日本は全体の35%でトップ。感謝の気持ちを込めて世界初の旗艦店は日本にした」とした上で「旗艦店2店舗目はソウル、3店舗目はミラノになるが、4店舗目は大阪にしようと思っている。日本については、東京と大阪の旗艦店に続く3番目の戦略として、グルッポタナカ社とのいい関係を維持しながら、百貨店インショップを増やしていきたいと考えている。今後3年間で7から8店舗をオープンしたい。また、これに加えて東京に更にもう1店舗旗艦店をオープンしたい」との考えを明らかにした。

また、インテリアについてハネス氏は「例えば、安いプラスチック素材のポリカーボネートと、ミケランジェロが彫刻に使ったイタリアで最も高価な大理石の組み合わせなど、ナイロンに特殊加工を施して豪華に見せたり、異素材をドッキングするデラクアのコンセプトを建築として具現化したのがこのショップだ。今回は、日本の妹島和世や安藤忠雄を尊敬しているのでコンクリートを多用している。デラクアも気に入っているので、各国の旗艦店でもコンクリートを使うことになると思う」と話した。
《樋口真一》
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」世界初の旗艦店が表参道にオープン
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」1階。正面の什器はダミアン・ハーストの作品から着想したもの
  • 1階はウィメンズフロア
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」1階シューズディスプレイ
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」2階にも1階同様の輪切り什器が据えられる
  • 2階はメンズフロア
  • 2階はメンズフロア
  • 3階はテラス
  • 表参道店限定アイテムのカーディガン。襟が取り外し可能
  • 表参道店限定アイテムのカーディガン。襟が取り外し可能
  • 表参道店限定アイテムのメンズ・レースジャケット
  • 2112 s.r.l.社のロベルト・オルテッロCEO
  • 設計した建築家、ハネス・ペール
  • 「ヌメロ ヴェントゥーノ」ファサード

特集

page top