トッズ、北澤豪と宮城石巻の子供達の心をケア。チャリティーサッカー教室実施

Fashion Fashion

トッズ、北澤豪と宮城石巻の子供達の心をケア。チャリティーサッカー教室実施
  • トッズ、北澤豪と宮城石巻の子供達の心をケア。チャリティーサッカー教室実施
  • 左から北澤豪氏、トッズ代表取締役・宅間頼子氏。トッズの寄付により設立された向陽小学校学童施設入り口にて。中央プレートにはトッズとセーブ・ザ・チルドレンのロゴが入っている
  • 子供達のハートをすぐにキャッチし、指導を行う北澤氏
  • サッカー教室は定期的に給水休憩を挟み、実施された
  • サッカー教室の資金源となるトッズの限定チャリティーブレスレット
  • 炎天下だったが、子供達は元気にサッカーを満喫。表情からは3年前の震災の傷跡は見受けられなかった
  • 北澤氏は未来の日本サッカーを担う逸材を見つけたようだ
  • 女子達も楽しくサッカーをプレイ
イタリアのラグジュアリーブランド「トッズ(TOD’S)」は、2011年3月に起きた東日本大震災に対していち早く支援の手を差し伸べたブランドだった。

トッズの会長兼CEOのディエゴ・デッラ・ヴァッレは企業として、ミラノ・スカラ座及びローマのコロッセオ修復とイタリア文化遺産を継承するための文化貢献を行っている。デッラ・ヴァッレ個人としては、子供達の育成を目指すデッラ・ヴァッレ小学校をトッズ本社のあるガゼッテ・デテに建築し支援を続けている。こうした人道支援の精神に基づき、東日本の大震災が起こると、デッラ・ヴァッレの「子供達の教育の機会を絶やしてはいけない」という信念に基づき、すぐさま子供を支援する国際NGOの公益社団法人セーブ・ザ・チルドレンへ1億円の寄付を決定した。「震災から3ヶ月後、具体的にどのような支援ができるか東北各県を視察することから始めました」とトッズ・ジャパンの宅間頼子代表取締役は言う。

その後、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの協力を得てトッズの寄付金は、石巻市向陽小学校の学童の建設、釜石市白山小学校の校庭備品の整備、鹿妻保育所の建設、大船渡バス支援、山田幼稚園の再建に活用され、2013年3月までにこれら五つのプロジェクトが完了した。

震災当初は物資の支援を中心に教育現場のインフラを整えることが優先されたが、次第にメンタルケアの支援の必要性が浮き彫りにされ、トッズ・ジャパンとセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの取り組みも次のステージへ進むことになった。

震災から3年が過ぎると、支援する個人も企業も少しずつ減っている。復興に向けて自力で立ち上がろうと、被災地の人達が積極的に動き始めているのも確かだ。とはいえ、目に見えない心の奥底にある傷跡は癒えたといえるのだろうか。

■夢と希望をもたらすサッカー教室実施へ

2013年7月トッズ・ジャパンとセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、元サッカー日本代表の北澤豪が立ち上げた一般社団法人スポーツプロボノが開催する「子どもサッカー教室」を支援する新たなプロジェクトをスタートさせた。施設を提供して終わるのではなく、子供達を継続的にサポートすることで心を癒やしていこうという北澤の提案に賛同してのことだ。

こうした支援を継続できるのは、トッズの「限定チャリティーブレスレットの収益の一部が活動資金にあてられるからだ。収益の一部が寄付(ドネーション)になるというコーズマーケティングは近年日本でも盛んになりつつある。このブレスレットを買うことで,東北大震災の復興に寄与しているというモチベーションは、買い物の楽しみに加え、ショッピングを意味あるものにするという考え方だ。

「子どもサッカー教室」の第1弾は2013年7月29・30日に岩手県釜石市と山田町の学窓に向けたものだった。1年後の今年7月28日には宮城県石巻市にある向陽地区の放課後児童クラブの児童を対象に第2弾となるサッカー教室を開催した。夏休み中の1年生から4年生までの170名を超える放課後児童クラブの子供が集まり、北澤豪と元フットサル日本代表の藤井健太と横江怜の3人の講師の指導を受けた。

サッカー経験の無い子供も参加する教室は、てんでバラバラの方向を向いている集団から始まった。そんな子供達も遊びの中でボールの扱い方を学び、いつの間にか北澤のペースに巻き込まれていく。最後には男女別のチームを結成し30から40人の子供対講師3名+大人3名による試合をやることになった。手抜きしない大人を懸命に追い掛け、パスカットしゴールしたときの晴れやかな子供達の顔は、震災のことをすっかり忘れているかのようだ。忘れる瞬間を作り、前へ進み出す活力を与えるのもスポーツの力なのだ。

「試合に負けて泣く子がいたけど、単純に泣けるというのはリラックスできてきたってことなんだよね」と北澤の鋭い指摘。去年は子供達もどことなく心を閉ざし、それが主催者側を緊張させていた。ところが、今年は子供達が日常を取り戻しつつあるのか、明るい兆しを感じたという。「ものの支援から人的な支援を経て、支援の仕方は次の段階を迎えているのかもしれない。今回のサッカー教室は夏のフェスタっぽくできた気がするな」と北澤の軽快な口調がすべてを物語っているかのようだ。

3回目のサッカー教室について訊ねると、トッズ・ジャパンとセーブ・ザ・チルドレン、そうしてスポーツプロボノの活動は、今後も継続されていくとのこと。復興支援は新しい局面を迎えている。
《Yuri Yokoi》
  • トッズ、北澤豪と宮城石巻の子供達の心をケア。チャリティーサッカー教室実施
  • 左から北澤豪氏、トッズ代表取締役・宅間頼子氏。トッズの寄付により設立された向陽小学校学童施設入り口にて。中央プレートにはトッズとセーブ・ザ・チルドレンのロゴが入っている
  • 子供達のハートをすぐにキャッチし、指導を行う北澤氏
  • サッカー教室は定期的に給水休憩を挟み、実施された
  • サッカー教室の資金源となるトッズの限定チャリティーブレスレット
  • 炎天下だったが、子供達は元気にサッカーを満喫。表情からは3年前の震災の傷跡は見受けられなかった
  • 北澤氏は未来の日本サッカーを担う逸材を見つけたようだ
  • 女子達も楽しくサッカーをプレイ
  • トッズの寄付により設立された向陽小学校学童施設の前で
  • トッズが創設した向陽小学校学童施設内部
  • 学童保育は全学年生徒が対象
  • サッカー教室ではゲームの他、様々なプログラムが行われた
  • トッズ、北澤豪と宮城石巻の子供達の心をケア。チャリティーサッカー教室実施

特集

page top