リサーチ事業を行っているインテージは、1月15日から1月17日の間、全国の20歳から69歳の男女1,000人を対象に、『2014年ソチオリンピックに関する意識調査』を実施し、その結果を発表した。

 同調査によれば、2月7日より開催されるソチオリンピックに、「興味・関心がある」、「どちらかといえば興味・関心がある」と回答した人は、全体の54.8%だった。性年代別では、年代が上がるほど高い傾向にあり、男女ともに60代は7割以上が『興味・関心』があると答えている。

 そこで、「興味・関心がある」、「どちらかといえば興味・関心がある」と回答した人にその理由を聞いたところ、もっとも多いのは「日本選手の活躍が期待できそうだから」が52.0%という結果に。次いで「オリンピックが好きだから」が49.1%、「好きな競技があるから」が31.0%、「トップレベルの選手の技術を見られるから」は29.2%だった。

 続いて、開催される競技・セレモニーの中で注目度が高かったのは、「フィギュアスケート」(69.6%)だった。次いで、「スキージャンプ」(55.0%)、「カーリング」(24.1%)、「スピードスケート」(22.0%)、「開会式」(16.2%)という順になった。性年代別でみても注目度トップ2は「フィギュアスケート」と「スキージャンプ」だった。

 また、応援したい日本代表選手・チームを尋ねたところ、「浅田真央(フィギュアスケート)」が74.7%で1位に。2位以下は「高梨沙羅(スキージャンプ)」57.3%、「高橋大輔(フィギュアスケート)」49.4%、「羽生結弦(フィギュアスケート)」47.3%、「葛西紀明(スキージャンプ)」38.5%となり、注目競技に準じる内容となっている。