「ぐりとぐら」の世界が松屋銀座に出現。50周年記念展開催

Art Art

「誕生50周年記念 ぐりとぐら展」、松屋銀座で開催
  • 「誕生50周年記念 ぐりとぐら展」、松屋銀座で開催
昨年、誕生50周年を迎えた物語「ぐりとぐら」の歴史を振り返る展覧会が、松屋銀座8階イベントスクエアにて2月27日より開催される。3月10日まで。

「ぐりとぐら」は中川李枝子・山脇百合子姉妹による絵本。1963年の雑誌『こどものとも』で第1作が発表されて以来、半世紀にわたって読まれ続けている人気の作品。2匹の野ねずみ「ぐり」と「ぐら」が暮らす森や海での様々なエピソードが描かれる。

本展では、物語の始まりや象徴的なシーンを再現した造作物、初版本や原画などの貴重な資料170点を展示。姉妹のデビュー作となった童話「いやいやえん」や、「そらいろのたね」「たからさがし」といった初期絵本作品の原画も展示される。また、全作品が読める読書コーナーのイスや本棚にも「ぐりとぐら」の世界を感じられる演出が施される。


【イベント情報】
誕生50周年記念 ぐりとぐら展
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1
会期:2月27日から3月10日
料金:一般1,000円、高大生700円、中学生500円、小学生以下無料
《編集部》
  • 「誕生50周年記念 ぐりとぐら展」、松屋銀座で開催

特集

page top