伊藤忠、超微細マイクロファイバー素材「プリマロフト」の中国独占販売権取得

Biz Biz

伊藤忠商事の中国子会社である伊藤忠繊維貿易有限公司(以下、伊藤忠繊維貿易)は、米国プリマロフト社(PrimaLoft.Inc)と同社が製造する超微細マイクロファイバー素材「プリマロフト(PrimaLoft)」のアパレル及びアパレル雑貨等の中国における独占販売権を取得した。

伊藤忠商事は、2000年にプリマロフトの日本市場における寝装分野での独占販売権及び商標使用権を取得。以降、プリマロフト社のパートナーの一社として築いてきた強固な信頼関係と実績を背景に、この度の契約締結に至った。今後は伊藤忠繊維貿易を通じ、伊藤忠商事の強みである既存の中国アパレルブランドへの素材及び製品の販売ルートに加え、新規販路も開拓しながら、プリマロフトの中国展開を積極的に拡大し、3年後には中国市場において約1億元(約17億円、小売上代ベース)の売り上げを目指す。

プリマロフトは、1980年代初頭にスペースシャトルの断熱材の製造などを手掛けていたアルバニー社(Albany International Corp.)により開発された。寝袋やジャケットの中綿に天然のダウンを使用していたアメリカ軍が、雪山や雨天での野営では保温性が低下することから、アルバニー社に素材開発を要請し、保温性と柔軟性に加え撥水性を兼ね備えたプリマロフトが誕生。現在では高級グースダウンの代替素材として、寝袋や寝具のみならず有名スポーツブランドや高級アパレルブランドのダウンジャケットにも採用されている。2012年にアルバニー社より独立したプリマロフト社がプリマロフト事業を担い、14年秋冬からは全世界でブランドロゴや展開商品名を統一し、ブランドイメージを世界発信する。
《くまがいなお》

特集

page top