1月28日まで伊勢丹新宿店で開催中のサロン・デュ・ショコラに出品されている「トーキョーチョコレート」の漫画『NARUTO-ナルト-』(岸本斉史、集英社)コラボレーションショコラが話題だ。

フランスでもアニメが放映されるなど、海外で人気が高いことでも知られる同漫画とコラボしたショコラは、世界から見た「トーキョー」をイメージ。2013年のパリ・サロン・デュ・ショコラで発表して注目を集めた。コラボBOX「NARUTO-ナルト- 疾風伝ショコラ」では、主人公・ナルトは柚子、サスケは胡麻、サクラは桜、カカシは抹茶を使用し、それぞれのキャラクターを表現。8個入りで1,575円。

伊勢丹新宿店での販売は完売につき終了。今後は、ジェイアール京都伊勢丹(1月29日から2月14日)、名古屋栄三越(31日から2月4日)、岩田屋本店、丸井今井札幌本店(いずれも2月1日から13日)、仙台三越(2月5日から14日)で順次販売される。

2010年、パリ・サロン・デュ・ショコラが評価する「世界の最も優れたチョコレート専門店20店」に選ばれたトーキョーチョコレート。11年にはC.C.C.で3年連続4タブレットを獲得。東京の“今”を表現することをコンセプトに、伝統と新しさを兼ね備えたチョコレートを提案。本イベントでは、ナルトのコラボショコラ以外にも、パリ・サロン・デュ・ショコラに出品したプレミアムセレクションBOXや、ガナッシュを茶巾しぼりで包んだ和と洋がミックスされたスイーツが実演で販売される。

(c) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ