1月14日は写真家セシル・ビートンの誕生日です

Art Art

セシル・ビートンのセルフポートレート
  • セシル・ビートンのセルフポートレート
写真家のセシル・ビートン(Cecil Beaton)は1904年1月14日生まれ。イギリス・ロンドン出身。1980年1月18日逝去。

祖母からカメラを貰った事がきっかけで、11歳の頃から写真を撮り始める。名門パブリックスクールのハーロー校を卒業後、ケンブリッジ大学のセントジョンズ・カレッジで学んだ。第二次世界大戦前から戦後に掛けてファッション写真やポートレートで活躍し、『ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)』や『ヴォーグ(VOGUE)』などの撮影を行った。英国王室御用達の写真家として、エリザベス女王を撮り続けたことでも有名。

デザイナーとしても活躍し、58年の映画『恋の手ほどき』でアカデミー衣装デザイン賞を、64年の『マイ・フェア・レディ』ではアカデミー美術賞と衣装デザイン賞を受賞している。『マイ・フェア・レディ』の主演を務めたオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)と親交が深く、彼女のポートレートも多数残っている。1980年1月に死去。
《編集部》
  • セシル・ビートンのセルフポートレート

特集

page top