トラフの個展「ここをホッチキスでとめてください」、銀座で開催

Design Design

光の織機 (Canon Milano FREITAG Store Tokyo 2011 Salone) (2011)
  • 光の織機 (Canon Milano FREITAG Store Tokyo 2011 Salone) (2011)
  • FREITAG Store Tokyo(2011)
  • 目黒本町の住宅(2011)
  • AA スツール(2012)
  • トラフのオバケ屋敷は“化かし屋敷”(2013)
  • コロロワゴン(2013)
  • 展覧会のメインビジュアル
鈴野浩一と禿真哉主宰のトラフ建築設計事務所は1月17日より、東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で個展「ここをホッチキスでとめてください」を開催する。1月31日にはグラフィックデザイナーの山野英之を招いたトークショーも予定している。

本展では、2004年に老朽化したホテルの部屋のリノベーションを手掛けたことから始まり、建築設計を始め、ショップのインテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザインなど建築の枠にとらわれず様々なプロジェクトに取り組んできた2人のクリエーションを紹介する。建築的な視点からコミュニケーションデザインを目指す彼らの実験と遊び心も表現される。

ユニークな個展のタイトルは、折りたたんで製本すると冊子になる、ポスターの注意書きから生まれたもの。「感性を見据えた計画的な進行ではなく、手探りで即興的に作り上げていくような、実験的な空間を提案したい」と鈴野と禿はコメントしている。


【イベント情報】
TORAFU ARCHITECTS「ここをホッチキスでとめてください」
会場:クリエイションギャラリーG8
住所:東京都中央区銀座8-4-17リクルートGINZA8ビル1階
期間:1月17日から2月13日
時間:11:00から19:00
休館日:日曜日、祝日
《SATOMAHO》
  • 光の織機 (Canon Milano FREITAG Store Tokyo 2011 Salone) (2011)
  • FREITAG Store Tokyo(2011)
  • 目黒本町の住宅(2011)
  • AA スツール(2012)
  • トラフのオバケ屋敷は“化かし屋敷”(2013)
  • コロロワゴン(2013)
  • 展覧会のメインビジュアル

特集

page top