「ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade NEW YORK)」は、本国アメリカ以外で初となる旗艦店を銀座にオープンする。3月下旬から4月上旬を予定。住所は東京都中央区銀座5-5-19。

フロア面積は421.9平方メートルで3階層構造。ファサードにブランドを象徴するボウを施す。店内にはハンドバッグ、アパレル、シューズ、ブライダルなどのフルコレクションをラインアップする。同店限定アイテムとしてハンドバッグ(5万7,750円)を用意。

1階では、最上級アパレルラインのマディソンアベニューコレクションをアジアで唯一取り扱う。また、米国人アーティストのジョセフ・コーエン(Joseph Kohen)によるアートディスプレイ「フローラルハンドバッグツリー」が据えられ、奥にはハンドバッグやジュエリー、ウォッチなどを用意。2階には、アパレルとシューズを国内で最も品数をそろえる。

3階には、「one for you, two for me(ギフトに一つ、自分には二つ!)」をコンセプトとするパーティードレスやギフトアイテムが並ぶ。またプライベートショッピングコーナー「ケイト・スペード・スイート(kate spade suite)」、ドリンクやスイーツを提供するバーも設置。kate spade suiteでは毎月イベントを予定。

ケイト・スペード ジャパン代表取締役社長柳澤綾子氏は、「コレクションや毎月のイベント、サービスを通して、『LIVE COLORFULLY(色鮮やかに生きる)』な毎日を送るためのヒントを提案し続けたい」とコメントを発表している。