J.W.アンダーソン、ロエベのクリエーティブディレクターに就任

Biz Biz

LVMHグループは、ロンドンの若手ブランド「J.W.アンダーソン(J.W.Anderson)」と提携することを発表した。デザイナーのジョナサン・ウィリアム・アンダーソン(Jonathan William Anderson)が過半数の株をそのまま保有する。同時に、アンダーソンは「ロエベ(LOEWE)」のクリエーティブディレクターとして就任することが決定。

ロエベの最高経営責任者であるリサ・モンタギュー(Lisa Montague)氏は、「長い歴史を誇るロエベにアンダーソン氏をお迎えすることができ、うれしく思う。彼は才能とブランドへの熱意で、ロエベの新たな1ページを開いてくれるだろう」とコメントを発表している。

J.W.アンダーソンは、デザイナーのジョナサン・ウィリアム・アンダーソンが、2008年秋冬シーズンにメンズブランドとしてスタートしたブランド。6月にはヴェルサーチとのカプセルコレクションを発売している。
《Marie》

特集

page top