アンダーカバー、公式スケジュールのパリコレ復活。強いメッセージを服に【14SSパリウィメンズ】

Fashion Collection

アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が、パリファッションウィークで14SSコレクションを発表した。会場はパレドトーキョー。前シーズンに2年振りのショーをオフスケジュールで開催したが、今回は公式スケジュールでの発表。

挑発的なモノローグがショーの開始を告げた。カラーパレットは白・黒・赤の3色のみ。ビッグシルエットのトップスやクラッチバッグに着けられたLEDのプレートには、テーマであるIT用語”GODIC”の他、”SNUG(居心地がいい、という意味)””INSULT(侮辱)” “SUNLIT(太陽で照らす)”などの単語があしらわれた。「今自分が思っていることを服に乗せて発進した。現代社会では情報が多すぎてみんな振り回されているように思う」とデザイナーの高橋氏。

バイカージャケットに、テーラードスーツ、ゴールドのチェーンモチーフを刺繍したマリンボーダーのアイテムに、シャネル風ジャケットの上から太いレザーベルトで体を拘束するスタイリングなど、ストリートとテーラリング、ロックといった要素がデザインにミックスされた。

フィナーレでは、別れの曲が流れる真っ暗な会場に、LEDでメッセージをあしらったTシャツを着たモデル達が登場した。

ショー後高橋氏は、「10年発表を続けてきたパリで発表することは、自分にとってライフワークのようなもの。ファッションの本場であるし、世界中の人に見てもらえる」と、パリでの発表にこだわる理由を語った。
《編集部》
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • アンダーカバー 14SSコレクション
  • 「アンダーカバー」デザイナーの高橋盾氏
  • 「アンダーカバー」デザイナーの高橋盾氏

特集

page top