『半沢直樹』最終回は瞬間最高視聴率46.7%。平成になって歴代1位

Entertainment Entertainment

最終回で平均視聴率42.2%、瞬間最高視聴率46.7%を記録した『半沢直樹』(TBS系)
  • 最終回で平均視聴率42.2%、瞬間最高視聴率46.7%を記録した『半沢直樹』(TBS系)
 大ヒットを記録したTBS系ドラマ『半沢直樹』の最終回(第10話)が22日に25分拡大で放送され、平均視聴率42.2%、瞬間最高視聴率46.7%を記録した(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

 第1話放送開始以来、右肩上がりを続けていた『半沢』の視聴率。最終回でどこまで数字を伸ばすのかに注目が集まっていたが、終わってみれば平均42.2%。2011年放送の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)ばかりでなく、2000年放送の『ビューティフルライフ』(TBS系)をも上回り、平成に入って放送された民放連続ドラマで歴代1位を記録した。

 さらに瞬間最高は46.7%と、これまた驚異的な数字を叩きだした。記録したシーンは、取締役会での大和田(香川照之)との舌戦に打ち勝ち、土下座をさせた半沢(堺雅人)が、中野渡頭取(北大路欣也)からまさかの子会社への出向を言い渡されたラストシーンの直後、「提供」に入った場面での瞬間最高視聴率となった。

『半沢直樹』最終回は瞬間最高46.7%! 記録したシーンは……

《花》
  • 最終回で平均視聴率42.2%、瞬間最高視聴率46.7%を記録した『半沢直樹』(TBS系)

特集

page top