福寿園、フレンチ×茶懐石茶寮を東京駅グランルーフにオープン

Life Life

グランルーフにオープンする「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」壁面には洛中洛外図が掛かる
  • グランルーフにオープンする「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」壁面には洛中洛外図が掛かる
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
京都の茶舗・福寿園は20日、フランス料理による茶懐石と、宇治抹茶を提供する飲食店「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」を、東京駅八重洲口グランルーフ3階にオープンする。営業時間は11時から23時。

店舗面積は約150平方メートル。天井には京都の王朝文化の象徴・蔀戸(しとみど)をイメージした造作が下がる。壁面には「洛中洛外図」の屏風が飾られる。

メニューは、フレンチと宇治茶・茶の湯をコラボレーションさせた“ふれんち茶懐石”料理を提供。ランチ・ディナータイムにはコース料理(ランチ/4,200から6,300円、ディナー/6,300から1万2,600円)、ティータイムには茶を用いたスイーツ(1,260円前後)、ナイトタイムには茶を使ったカクテル等のアルコールドリンク(1,260円前後)が供される。茶葉などの物販も用意。

福寿園は、寛政2年創業。京都本店には宇治銘茶が並ぶ店舗の他に、カフェ、フレンチレストランを構える。茶器やオリジナル茶の販売も行っている。
《編集部》
  • グランルーフにオープンする「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」壁面には洛中洛外図が掛かる
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • フレンチと茶の湯がコラボレーションしたメニュー
  • 茶を用いたスイーツ
  • 茶を用いたスイーツ
  • 茶を用いたスイーツ
  • 茶を用いたスイーツ
  • 茶を用いたスイーツ
  • 茶を用いたスイーツ
  • 茶葉などの物販も行う
  • 「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」全景

FEATURED

特集

page top