ルイ・ヴィトン、東京駅で“仮面舞踏会”。ケイト・モス、ソフィア・コッポラら6人のミューズ展23日まで開催中

Art Art

ルイ・ヴィトン、Timeless Muses(時を超えるミューズたち)展開催
  • ルイ・ヴィトン、Timeless Muses(時を超えるミューズたち)展開催
  • メゾンの世界観を表現した映像インスタレーションが流れる
  • 中央のディスプレイ映像はマスクをかざすことで見ることができる
  • 様々な映像演出が行われる
  • 様々な映像演出が行われる
  • ルイ・ヴィトンのルーツ、トランクを用いた映像
  • 会場エントランスアプローチ
  • マーク・クインによるケイト・モスの彫刻
「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、体感型エキシビション「Timeless Muses(時を超えるミューズたち)」展を23日まで東京ステーションホテルにて開催している。

本展ではナポレオン3世皇后のウジェニー・ド・モンティジョ(Eugenie de Montijo)、建築家のシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)、作家のフランソワーズ・サガン(Francoise Sagan)、カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)、モデルのケイト・モス(Kate Moss)、映画監督のソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)ら、メゾンと長い結び付きを持ったり、製品やコレクションのインスピレーション源となったりしてきた女性達との絆に脚光を当てる。

会場内ではブランドのアーカイブや彫刻家マーク・クインによるブッダに模したケイト・モスの像、シャルロット・ペリアンによる建築模型が並ぶ他、エントランスで手渡されるマスクをかざすとミューズ達の肖像が現れるデジタルサイネージが設置されている。

プロデュースを手掛けたクリエーティブデザイン事務所「A4A」の東市篤憲氏は、「“時代を越えた仮面舞踏会”をテーマにしたパーティー及び展示のために、独自に開発したプロジェクターと偏向グラスを使ったルイ・ヴィトン特製のマスクを製作した。マスクから展示を覗くことで、一見真っ白な光の中に、突如映像世界が出現する魔法のような空間に仕上がったと思う」とコメント。

ルイ・ヴィトンは上陸35周年。13日には日本最大面積となる松屋銀座店をリニューアルオープンした。

【イベント情報】
ルイ・ヴィトン「Timeless Muses(時を超えるミューズたち)」展
会場:東京ステーションホテル1階バンケットエリア
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
会期:9月23日まで
時間:10:00から19:00(最終入場18:30まで)
入場無料
《くまがいなお》
  • ルイ・ヴィトン、Timeless Muses(時を超えるミューズたち)展開催
  • メゾンの世界観を表現した映像インスタレーションが流れる
  • 中央のディスプレイ映像はマスクをかざすことで見ることができる
  • 様々な映像演出が行われる
  • 様々な映像演出が行われる
  • ルイ・ヴィトンのルーツ、トランクを用いた映像
  • 会場エントランスアプローチ
  • マーク・クインによるケイト・モスの彫刻
  • マーク・クインによるケイト・モスの彫刻
  • ケイト・モスのディスプレイ
  • ニューズゆかりの品
  • ニューズゆかりの品
  • マスクをかざすと見られるソフィア・コッポラの映像
  • マスクをかざすと見られるフランソワーズ・サガンの映像
  • 様々な映像演出が行われる
  • 様々な映像演出が行われる
  • 様々な映像演出が行われる
  • 様々な映像演出が行われる
  • シャルロット・ペリアンのコーナー
  • シャルロット・ペリアンのコーナー。飲食が提供される
  • ニューズゆかりの品
  • エントランスを見返す

特集

page top