ヤフー、次世代検索「さわれる検索」発表。3Dプリンターで検索結果造形

Biz Biz

「さわれる検索」マシンの操作風景
  • 「さわれる検索」マシンの操作風景
  • 「さわれる検索」マシンについての詳細
  • 「さわれる検索」の仕組み
  • 企業との連携(広告ビジネス展開案の例)
  • 低学年グループでの風景
  • 幼稚部での風景
  • 「さわれる検索」プロジェクトサイト  TOP画面
  • 「さわれる検索」ロゴ
 ヤフーは17日、次世代インターネットサービスに関する新コンセプトモデル「さわれる検索」、ならびに新コンセプトを実際に具現化した「さわれる検索」プロジェクトを発表した。

 「さわれる検索」は、3Dデータベースと3Dプリンタを融合させることにより、文字・音声入力によって情報を“見る・聞く”ことから、情報を“さわる”ことに発展させたコンセプトモデルだ。音声入力によって認識されたキーワードを3Dプリンタからの出力によって実際の「立体物」を生成し、アウトプットするという仕組みとなっている。マシンは、“クラウド”をコンセプトに、雲の形をしたデザインを採用。検索結果を3D出力できる。

 プロジェクトサイトでは、企業や一般人から3Dデータを募集し、「さわれる検索」プロジェクト用として蓄積していく。また、3Dプリンタを持つ一般へ一部データを期間限定で提供する。

 あわせてヤフーでは、「さわれる検索」プロジェクトとして、筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)への導入を実施。盲学校の生徒たちへ向け「さわれる検索」特別授業を行うとともに、学校内にシステムを試験的に設置した。9月20日~10月18日の期間、盲学校の生徒に自由に体験してもらい、その後は有効利用する機関をあらためて選定し、「さわれる検索」マシンを寄贈する予定。

 また広告ビジネス面での展開では「映画告知プロモーションで主人公フィギュアを配布」「スマホの新機種発売に合わせスマホカバー3Dデータサンプリングを提供」といった活用も考えられているという。

ヤフー、次世代検索の新コンセプト「さわれる検索」発表……3Dプリンタで検索結果を造形

《冨岡晶》
  • 「さわれる検索」マシンの操作風景
  • 「さわれる検索」マシンについての詳細
  • 「さわれる検索」の仕組み
  • 企業との連携(広告ビジネス展開案の例)
  • 低学年グループでの風景
  • 幼稚部での風景
  • 「さわれる検索」プロジェクトサイト  TOP画面
  • 「さわれる検索」ロゴ

特集

page top