ユナイテッドアローズ、台北に海外初直営店オープン。サイトもオープン

Biz Biz

ユナイテッドアローズ初の海外直営店、台北市内に10月オープン
  • ユナイテッドアローズ初の海外直営店、台北市内に10月オープン
  • ユナイテッドアローズ台北店の内装は鴨志田康人が監修
  • ユナイテッドアローズのロゴ
ユナイテッドアローズは10月31日、海外初の直営店となる「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)台北店」をオープンする。営業時間は11時から21時。

同店がオープンする大安区は、台北市の金融・経済の中心地でオフィスと商業ビルが立ち並ぶ商業エリア。ショップは路面店で、面積67.5坪の2フロア構成。吹き抜けのあるモダンクラシックな内装は、ユナイテッドアローズのクリエーティブディレクターである鴨志田康人が監修した。日本と同様、世界中からセレクトしたブランドとオリジナル企画商品のウエアから服飾雑貨、生活雑貨まで、メンズ:ウィメンズ=55:45、仕入れ:オリジナル企画=30:70、ウェア:雑貨=70:30の比率でラインアップ。1993年に生活雑貨からスタートしたレーベル「スタイルフォーリビング(STYLE for LIVING)」も取り扱う。

ユナイテッドアローズ台北店のオフィシャルサイト及び公式フェイスブックページも13日に新設。ブランドの世界観を訴求すべく、日本語版を踏襲しつつ台湾独自のサイトをデザインし、カタログページと映像コンテンツ「NiCE UA」や、台湾で普及率の高いフェイスブックと連動させ、商品・スタイリング・イベント情報などを随時発信し、認知度向上を目指す。

今後は路面店に限らず百貨店や商業施設も出店の候補地として視野に入れ、2022年までにユナイテッドアローズと「ビューティ&ユースユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)」を先行オープンし、「ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing)」の出店を重ね、以上の3事業で合計10店舗程度の展開を計画しているという。

今回の出店は、ユナイテッドレーベルの長期ビジョン「UAビジョン(VISION)2022」達成に向けた経営戦略の一つ「将来的な国際対応力の強化に向けた海外進出の開始」の第一歩。
《くまがいなお》
  • ユナイテッドアローズ初の海外直営店、台北市内に10月オープン
  • ユナイテッドアローズ台北店の内装は鴨志田康人が監修
  • ユナイテッドアローズのロゴ

特集

page top