深澤直人とミナペルホネンの皆川明が語る「ふしとカケラ」の魅力

Design Design

左より、マルニ木工の椅子「HIROSHIMA」をデザインしたプロダクトデザイナー深澤直人氏と「ミナペルホネン」のファッションデザイナ-皆川明氏
  • 左より、マルニ木工の椅子「HIROSHIMA」をデザインしたプロダクトデザイナー深澤直人氏と「ミナペルホネン」のファッションデザイナ-皆川明氏
  • 左より、マルニ木工の椅子「HIROSHIMA」をデザインしたプロダクトデザイナー深澤直人氏と「ミナペルホネン」のファッションデザイナ-皆川明氏
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」ミナペルホネンの生地のカケラを使ったパッチワークを座面に使ったスペシャルチェア
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」端材を使った無垢天板のテーブル「MALTA」とその上に、スペシャルバッグ。椅子は、パッチワークのファブリックを座面に施したスペシャルチェア
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」座面部分に端材をパッチワークして作った椅子
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」の椅子の座面と同素材のパッチワークによるスペシャルバッグ
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」天板と口板部分に端材をパッチワークして造ったチェスト(左:ウォルナット、右:オーク)
  • 「ミナペルホネン」デザイナーの皆川明氏
9月2日、家具メーカーのマルニ木工が、同社東京ショールームで、プロダクトデザイナーの深澤直人と、「ミナペルホネン(mina perhonen)」デザイナ-の皆川明による初のコラボレーションプロジェクト「ふしとカケラ・マルニコレクション・ヒロシマ・ウィズ・ミナペルホネン(MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with mina perhonen)」の発表会を開催。深澤、皆川両氏登壇により、トークセッションが行われた。

同プロジェクトは、今秋開催の「三越伊勢丹デザインウィーク(ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013)」のメインコンテンツ。深澤デザインのイス「HIROSHIMA(ヒロシマ)」などマルニ木工のイスにミナペルホネンの"カケラ"(残布)のパッチワークを組み合わせた商品や、端材を使ったテーブルなどのオリジナル家具が期間限定で発売される。

皆川氏は、「2011年に西麻布のギャラリーで初めて"HIROSHIMA"を見て、その横姿の美しさに感動した。"カケラ"とは、洋服を仕立てる際に出る、端切れなどの余り布のこと。余り布も他の生地と同じように手間暇かけて作られるのに、廃棄されてしまうのはもったいないと常々感じていた。そんな余り布に“ピース=カケラ”としてもう一度生命を与えようというのが今回の試み。毎年発表してきたミナペルホネンのコレクションラインで使われたアーカイブ生地を組み合わせることで、タイムレスな魅力が感じられるものになったと思う」と語った。

今回、皆川氏は使い続け生地が擦り切れると、織り込まれた別の色が見えてくる生地をイスの座面用に提案。「使い込む内に現れる経年変化を楽しめるようなイスを作りたいと考えた。この生地は2色の糸が互いの色を干渉し合わないようにしながら高密度で織り込んで作られており、表地と裏地が時間の経過と共に歩みよってくるような仕掛けになっている」と話す。

また深澤氏は、「人はモノを買う時、”傷がなく奇麗な商品が欲しい”と思うのが正直なところ。だが、このプロジェクトで、"ふし"(がある木材)や"カケラ"を使ったモノであっても、"自分にしか手に入れられないもの"という価値がそこに存在する、という新しい考え方を提供できたのが大きな意義だと思う。プロダクトデザイナーとして、これまでは美しくクオリティーの高いものを目指してモノ作りを行ってきたが、今回そこに”無駄にしない”という意識を持ち込むことができた」と語った。

同プロジェクトは、伊勢丹新宿店1階ザ・ステージで10月23日から29日まで開催されるイベントで公開予定。
《尾方実和》
  • 左より、マルニ木工の椅子「HIROSHIMA」をデザインしたプロダクトデザイナー深澤直人氏と「ミナペルホネン」のファッションデザイナ-皆川明氏
  • 左より、マルニ木工の椅子「HIROSHIMA」をデザインしたプロダクトデザイナー深澤直人氏と「ミナペルホネン」のファッションデザイナ-皆川明氏
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」ミナペルホネンの生地のカケラを使ったパッチワークを座面に使ったスペシャルチェア
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」端材を使った無垢天板のテーブル「MALTA」とその上に、スペシャルバッグ。椅子は、パッチワークのファブリックを座面に施したスペシャルチェア
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」座面部分に端材をパッチワークして作った椅子
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」の椅子の座面と同素材のパッチワークによるスペシャルバッグ
  • 「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」天板と口板部分に端材をパッチワークして造ったチェスト(左:ウォルナット、右:オーク)
  • 「ミナペルホネン」デザイナーの皆川明氏
  • 深澤直人氏

特集

page top