H&Mのモンキが原宿竹下通りキュートキューブに北欧から”帰国?”出店

Fashion Fashion

モンキマスコットキャラのモンキーズ
  • モンキマスコットキャラのモンキーズ
  • モンキ、キュートキューブ・ハラジュクにオープン
  • メリーゴーランドのようなディスプレイラック
  • モンキ地下1階全景。インテリアコンセプトは「貝の海」
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
H&M傘下のブランド「モンキ(MONKI)」が9月6日、原宿竹下通りの商業施設「キュートキューブ・ハラジュク」にオープンする。6月1日にオープンした大阪店に次いで2店舗目。ショップは同施設1階と地下1階のメインスペースを占める。

アイテムは、グラフィカルな模様の中に目玉やキャラクターがプリントされたグラフィック・オン・グラフィックのファニーなデザインが特徴で、今シーズンはモノクロが基調。それぞれの名前と性格が設定された12種類のマスコットキャラクター「モンキーズ」を打ち出し、ぬいぐるみも販売。また、限定アイテムも地下1階中央部にラインアップ。

「大阪店の反応が良く、柄物やネオンカラー、アニマル柄などがインパクトのあるアイテムが好評。海外ではハイティーンがメインターゲットだが、大阪店では20代から50代までと幅広く、親子同士で購入されるケースも」とモンキPR担当者。

ショップのインテリアコンセプトは「The Sea of Scallops(貝の海)」。シルバーの天井を水面に見立て、店内にキラキラ輝くクラゲや海の中に沈むメリーゴーランドなどをイメージしたオブジェを配置。同コンセプトでグリーン、ピンク、イエロー、ブラウンなどの配色の大阪店に対し、原宿店は白、グレー、黒といったモノトーンで、地下1階の店舗外共用部にはベンチを設置した「モンキガーデン」を設えた。

「2005年にスタートしたモンキは、TOKYOの自由でクレイジーで、“何でもアリ”なスタイルが、インスピレーションソースとなったブランド。今回、原宿に店を出せることになり、社内では『帰ってこれたね!』と話している」(同)。

東京のストリートスタイルに北欧のミニマルなデザインが、原宿でどんな旋風を巻き起こすか注目だ。
《奥麻里奈》
  • モンキマスコットキャラのモンキーズ
  • モンキ、キュートキューブ・ハラジュクにオープン
  • メリーゴーランドのようなディスプレイラック
  • モンキ地下1階全景。インテリアコンセプトは「貝の海」
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • モンキ地下1階
  • マスコットキャラのモンキーズ
  • マスコットキャラのモンキーズ
  • モンキ地下1階
  • H&Mのモンキが原宿竹下通りキュートキューブに北欧から”帰国?”出店
  • 原宿店限定アイテム
  • 原宿店限定アイテム
  • 原宿店限定アイテム
  • 原宿店限定アイテム
  • 原宿店限定アイテム
  • モンキ地下1階
  • モンキ1階
  • 地下1階共用部のモンキガーデン
  • モンキ1階ファサード。竹下通りに面する

特集

page top