9月6日は建築家・槇文彦の誕生日です

Design Design

4ワールドトレードセンターの模型。設計は槇文彦
  • 4ワールドトレードセンターの模型。設計は槇文彦
建築家の槇文彦は1928年9月6日生まれ。東京都出身。

幼稚舎から慶應義塾に通う。しかし建築学科に進むため慶應義塾大学を中退。東京大学工学部建築学科に入学し、52年に卒業。その後アメリカのクランブルック美術学院と、ハーバード大学大学院の修士課程を修了。54年からスキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル、セルト・ジャクソン建築設計事務所、ワシントン大学のキャンパス・プランニング・オフィスに勤務する。また、ワシントン大学とハーバード大学で都市デザインの準教授も務めていた。

65年に帰国し、槇総合計画事務所を設立。45人の建築士を持つオフィスを構えながら、1989年まで東京大学教授を務めた。現在も日本を含め、アメリカとヨーロッパで講演を続けている。主な建築作品に、慶應義塾大学日吉キャンパス図書館、代官山ヒルサイドテラス、青山スパイラル、幕張メッセ、テレビ朝日本社ビルなどがある。

槇の作品は国内外で高い評価を得ている。93年に建築家にとって最も名誉あるプリツカー賞を、2011年にはAIAアメリカ建築家協会から贈られるゴールドメダルも受賞している。また現在は、ワールドトレードセンター(別名・世界貿易ビル)の跡地に建設中の高層ビル「4ワールドトレードセンター」の設計者に選ばれ、プロジェクトを進めている。2013年に完成予定。
《編集部》
  • 4ワールドトレードセンターの模型。設計は槇文彦

特集

page top