アマゾン、国内最大の小田原新物流センターを本格稼働

Biz Biz

アマゾン小田原フルフィルメントセンター外観
  • アマゾン小田原フルフィルメントセンター外観
  • アマゾンFC一覧
  • アマゾン ロゴ
 アマゾンジャパン・ロジスティクスは3日、神奈川県小田原市において、新物流センター「アマゾン小田原FC(フルフィルメントセンター)」の本格稼働を開始した。延べ床面積は約6万坪(約20万平米)で、アマゾンが全国に持つ物流センターのなかでは最大となる。

 アマゾン小田原FCは、Amazon.co.jpの9か所目の物流センター。Amazon.co.jpが取り扱う書籍、CD、家電、ホーム&キッチン用品、消費財をはじめ多くのカテゴリ商材を取り揃えるとともに、出品者のAmazon.co.jpでの販売を支援する「フルフィルメントby Amazon」を拡張するのが狙い。

 今回の小田原FCの本格稼働開始にともない、狭山FC(埼玉県)、芳野台FC(埼玉県)、常滑FC(愛知県)の在庫は、すべて小田原FCに統合される。統合完了は2014年3月以降の予定。

 また今回の本格稼働開始を機に、Amazon.co.jp「当日お急ぎ便」配送サービスの対象エリアが、静岡県に拡大される。「Amazonプライム」の当日お急ぎ便サービスの対象エリアも拡大される。

アマゾン、国内最大の新物流センターを本格稼働 小田原

《冨岡晶》
  • アマゾン小田原フルフィルメントセンター外観
  • アマゾンFC一覧
  • アマゾン ロゴ

特集

page top