岡山高島屋を黒字転換させた肥塚氏、同社初の女性代表取締役に

Biz Biz

高島屋専務取締役・肥塚見春氏
  • 高島屋専務取締役・肥塚見春氏
高島屋は27日、肥塚見春(こえづか・みはる)取締役が9月1日付けで専務取締役(代表取締役)に昇格する人事を発表した。同社で女性が代表取締役に就任するのは初めてのケース。肥塚氏は専務として企画本部(改革推進本部)本部長兼総務本部、CSR推進室、IT推進室、日本橋再開発計画室担当(予定)など、幅広い業務で陣頭指揮を執る。

肥塚氏は1955年生まれの57歳。1979年に高島屋に入社し、販売現場で経験を積んだ後、MD本部商品第2部ディビジョン長、執行役員広報・IR室長、上席執行役員営業企画部長などを歴任した。2010年2月には岡山高島屋の取締役社長兼店長に就任。女性ならではの視点でさまざまな改革を行い、今年2月期には同社を5期ぶりに黒字転換させた。その手腕を買われ、今年5月21日には高島屋の取締役に抜擢されたばかり。わずか3ヶ月余りでの専務昇格となった。

高島屋は早くから男女共同参画型企業へ向けた取り組みを行っており、マネジャーやバイヤーといった基幹業務の女性比率を年々高めてきた。2012年には正社員に占める女性の割合が半数を超え、役員への登用実績もある。それでも、女性役員の代表取締役就任は前例のない人事。大手百貨店全体を見渡しても、生え抜きの女性社員が代表取締役に就任するのは初めての事例だ。肥塚氏が百貨店事業の構造改革を進める高島屋の舵取りをどのように行っていくか、注目が集まる。
《薄井テルオ》
  • 高島屋専務取締役・肥塚見春氏

特集

page top