8月23日はミッフィーの作者、ディック・ブルーナの誕生日です

Entertainment Entertainment

ミッフィー映画『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』より
  • ミッフィー映画『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』より
絵本作家のディック・ブルーナ(Dick Bruna)は1927年8月23日生まれ。オランダ・ユトレヒト州出身。ミッフィー(オランダ語でナインチェ)の生みの親として有名。

出版社を経営する両親の間に生まれ、幼い頃から本に囲まれて育った。中学の頃にゴッホやレンブラントの画集を見たのがきっかけで絵画に興味を持ち、画家になるための勉強を始める。10代後半から様々な出版社の研修に出向くようになり、イギリスやフランスでも活動した。20歳になってからはオランダに拠点を戻し、単純な輪郭と明確な色で構成された、彼特有のシンプルなデザインスタイルを確立していった。

25歳頃から両親の経営する出版社の専属デザイナーになり、書籍の装丁などを担当。1953年に初の絵本作品を発表するのと同時に、会社のイメージキャラクターとしてデザインした「くま」が人気になった。55年には「ナインチェ」というウサギの絵本を刊行。現在のミッフィーの絵柄とはほど遠いデザインであったが、そのシンプルさが子供たちの支持を集めた。

その後は絵のタッチを変え、「ブルーナカラー」と言われる赤、青、白、緑、黄色、茶色の6色のみを使い、独自の絵本のスタイルを確立。また、子供の手に収まりやすいよう、絵本の形を正方形にするというこだわりも見せた。「ナインチェ」は63年にから世界中で翻訳されるようになり、日本では64年に「ちいさなうさこちゃん」として刊行された。

今年の3月には、ミッフィー誕生から57年の歴史で初となる映画『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』が公開された。本作は、現在放送されているテレビシリーズと同じく、立体アニメーションとなっている。

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし予告編
《編集部》
  • ミッフィー映画『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』より

特集

page top