「神戸らしさ」がキーワード。神戸国際会館SOLにライフスタイル提案型ショップ3店舗が新たにオープン

Life Life

神戸国際会館SOL外観
  • 神戸国際会館SOL外観
  • 地場産業とトレンドを提案刷る「じばさんele」
  • ナガサワ文具センターが展開する「ラ・レットル・ドゥ・神戸」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 神戸国際会館SOLの館内
  • 神戸国際会館SOLエントランス
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
2011年3月の大規模リニューアル以来、「神戸らしさ」にこだわって出店計画を進めてきた神戸国際会館SOL(神戸市中央区御幸通8-1-6 )が、9月20日、神戸らしいライフスタイルを提案する3店舗が新たにオープンする。

今回オープンするのは、北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」(本社:姫路市)、神戸の老舗ステーショナリー店ナガサワが展開する新業態店「ラ・レットル・ドゥ・神戸」(本社:神戸市)、そしてセレクトショップ「乱痴気」の創設者、前川拓史氏がプロデュースする「じばさんele(エレ)」(本社:神戸市)の3店舗。

「ルネ・デュー」は、500種類以上もの北欧生地と雑貨を扱うショップ。バイヤーが現地に赴いて仕入れた同店でしか手に入らない商品も多く、国内トップクラスの品揃えを誇る。生地や雑貨の販売はもちろん、店内で生地を選び、カーテンやランプシェード、スツール…といったインテリア・アイテムをセミオーダーすることも可能。帽子やエプロン、ポーチといった小物は自社で企画・デザインしている。

神戸の老舗、(株)ナガサワ文具センターが展開するのは「ラ・レットル・ドゥ・神戸」。イタリアから直輸入のヴェネチアングラスのガラスペン、神戸の街や名所からイメージを膨らませて創り上げた43色の万年筆用カラーインクシリーズ「神戸インク物語」…。センスあふれるオリジナル商品を通じて、「神戸からの手紙」という店名の示す通り、手紙を書いたり絵を描くゆとりのあるライフスタイルを提案する。

兵庫県をはじめとする各地で作り手と向き合い、“コラボレーション”の枠を超えたモノづくりを進める「じばさんele(エレ)」は、地場産業の奥深さとトレンドの両方を提案。今後、職人から直接学べるワークショップや展示会も開催予定だ。
《岡本恵美》
  • 神戸国際会館SOL外観
  • 地場産業とトレンドを提案刷る「じばさんele」
  • ナガサワ文具センターが展開する「ラ・レットル・ドゥ・神戸」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 神戸国際会館SOLの館内
  • 神戸国際会館SOLエントランス
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 北欧ファブリック・雑貨の「ルネ・デュー」
  • 「ラ・レットル・ドゥ・神戸」ではイタリアから直輸入のヴェネチアングラスのガラスペンなどを展開
  • 「ラ・レットル・ドゥ・神戸」
  • 神戸の老舗・ナガサワ文具センターが展開する「ラ・レットル・ドゥ・神戸」
  • 地場産業とトレンドを提案刷る「じばさんele」
  • 地場産業とトレンドを提案刷る「じばさんele」
  • 地場産業とトレンドを提案刷る「じばさんele」
  • 地場産業とトレンドを提案刷る「じばさんele」

特集

page top