吉岡徳仁の国内初となる大規模個展が現代美術館にて10月開催

Art Art

国内初となる大規模個展「吉岡徳仁ークリスタライズ」
  • 国内初となる大規模個展「吉岡徳仁ークリスタライズ」
  • 国内初公開となる「虹の教会」
  • 「虹の教会」積み上げられたクリスタルプリズムが乱反射しあっている
  • 2012年度のMaison et ObjetでCreator of the Yearを受賞した吉岡徳仁氏(作品「Crystallized Rose」)
  • 「Crystallized Rose」
  • 様々な結晶のテクスチャーのディテール
  • 「Design Miami 2007」マイアミをイメージした空間。ストローで竜巻が作られている
  • Tokujin Yoshioka Design Miami 2007
「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」や「スワロフスキー(Swarovski)」の店舗デザインを手掛け、世界で活躍するアーティスト・吉岡徳仁の大規模個展が、東京都現代美術館にて10月3日より開催される。

本展では、吉岡が2007年にスタートした「クリスタライズ・プロジェクト(Crystallized Project)」から新作「Swan Lake」と題された結晶の絵画、バラを結晶化させた彫刻「Rose」などの他、2010年に韓国・ソウルで開催された個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」で発表された建築プロジェクト「虹の教会」が国内初公開となる。

その他、七つの糸で構成されたイス「蜘蛛の糸」、ガラスのベンチ「Water Block」を始めとした代表作や、吉岡がテーマとする「自然のつくり出す“偶然の美しさ”」を表現した大型インスタレーションが展示される。

吉岡は、桑沢デザインを卒業後、倉俣史郎、三宅一生のもとでデザインを学び、2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立。アクセサリーブランド「スワロフスキー」の銀座旗艦店を始め、20年以上にわたり「イッセイミヤケ」のショップデザインを手掛けてきた。「エルメス(HERMES)」の空間デザイン、コスメブランド「スック(SUQQU)」のパッケージデザインも担当。作品はニューヨーク近代美術館(MoMA)、ポンピドゥーセンター、オルセー美術館など主要美術館で展示・コレクションされ、ミラノサローネでは毎年新作を発表。『ニューズウィーク誌』2007年度版「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されている。


【イベント情報】
吉岡徳仁―クリスタライズ
会場:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好4-1-1
会期:10月3日から2014年1月19日
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
入場料:一般1,100円、学生・65歳以上800円、中高生600円
《編集部》
  • 国内初となる大規模個展「吉岡徳仁ークリスタライズ」
  • 国内初公開となる「虹の教会」
  • 「虹の教会」積み上げられたクリスタルプリズムが乱反射しあっている
  • 2012年度のMaison et ObjetでCreator of the Yearを受賞した吉岡徳仁氏(作品「Crystallized Rose」)
  • 「Crystallized Rose」
  • 様々な結晶のテクスチャーのディテール
  • 「Design Miami 2007」マイアミをイメージした空間。ストローで竜巻が作られている
  • Tokujin Yoshioka Design Miami 2007
  • Tokujin Yoshioka Design Miami 2007
  • Tokujin Yoshioka Design Miami 2007

特集

page top