スキスキダイスキ!小川恵子の展覧会がイセタンガールギャラリーで開催

Art Art

小川恵子×サイトウケイスケ「Melting Dreams」太陽、土星、その他の小さい惑星をつくり、「2人宇宙」を表現
  • 小川恵子×サイトウケイスケ「Melting Dreams」太陽、土星、その他の小さい惑星をつくり、「2人宇宙」を表現
  • 夏の暑さに溶けるようなドリーミーな世界が描かれている
  • サイトウケイスケさんの作品
  • 小川恵子さん。ピンクの3枚絵が小説「ブランコ乗りのサン・デッグジュペリ」の表紙作品
  • 小川恵子×サイトウケイスケ「Melting Dreams」
  • 小川恵子×サイトウケイスケ「Melting Dreams」
  • 「スキスキダイスキ」のグッズも展開
  • 「スキスキダイスキ」のグッズも展開。ヘアゴムは630円から
イラストレーターの小川恵子とサイトウケイスケのインスタレーション「メルティングドリームス(Melting Dreams)」が伊勢丹新宿店2階イセタンガールギャラリーで8月26日まで開催されている。

今回のテーマ「Melting Dreams」は“夏の暑さに溶けるようなドリーミーな世界”をイメージした。ピンク、オレンジ、黄色などハッピーな色合いの波打つ模様は、「イメージはテレパシー。自分の頭の中で考えていることが直接相手に伝えられたらいいな、という思いを込めて」と小川さんは話す。

メインとなるピンクの3枚絵は今年3月に出版された小説『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』(紅玉いづき著、角川書店)の表紙となった作品。「I LIKE」というタイトルのキャンバス地でできた冊子状の作品は、敢えて人物メインではなく、波打つ模様のみの絵にチャレンジした作品だという。

今回、コラボレーションしている作家のサイトウケイスケとは大学時代にSNSを通して知り合い、ウェブ上でお互いの作品をリスペクトし合っていた。その後、東京―山形間でお互いの絵を梱包して送り合って制作する“遠距離コラボ”を続けながら、2011年2月に2人展「キス(KKIS)展」を東京・高円寺AMP cafeで開催。今回は2年ぶりの2人展となる。

「サイトウくんは全国各地のミュージシャンに自ら絵を渡してコラボしたり、海外のアーティストが来日したらウェルカムボードを作ってアプローチしたり、自分でイベントを企画したり、とてもアグレッシブな人。お互い地方出身というところで気が合うんです」

展示スペースでは小川がデザインを手掛ける「スキスキダイスキ(SUKISUKIDAISUKI)」のタイツ、レギンス、キャップ、ピアス、バレッタ、ヘアゴム、ブローチなどのグッズも販売。すべて「自分が高校生のときに欲しいと思っていたものを作っている。だから高校生でも買える価格設定にしています」と説明。ブランドのネーミングについて、「響きがいいな、と思って。ポジティブなイメージのものを出したくてつけました」。舞城王太郎の小説『好き好き大好き超愛してる』は名付けた後に本を読んでファンになったとのこと。今後は、「もっと柄を増やしてテキスタイルのグッズ展開をしていきたい」と語った。

熊本県出身の小川は、2006年に東京造形大学映像科を卒業。学生時代は手描きのコマ撮りアニメを制作していた。2007年よりイラストレーターとして活動を開始し、通常はアクリル絵の具でのペインティングとデジタルの制作が中心。2011年頃からテキスタイルデザインを、2012年から「スキスキダイスキ」名でタイツなどのグッズも作り始めた。
《奥麻里奈》
  • 小川恵子×サイトウケイスケ「Melting Dreams」太陽、土星、その他の小さい惑星をつくり、「2人宇宙」を表現
  • 夏の暑さに溶けるようなドリーミーな世界が描かれている
  • サイトウケイスケさんの作品
  • 小川恵子さん。ピンクの3枚絵が小説「ブランコ乗りのサン・デッグジュペリ」の表紙作品
  • 小川恵子×サイトウケイスケ「Melting Dreams」
  • 小川恵子×サイトウケイスケ「Melting Dreams」
  • 「スキスキダイスキ」のグッズも展開
  • 「スキスキダイスキ」のグッズも展開。ヘアゴムは630円から
  • 「スキスキダイスキ」のグッズも展開。タイツ・レギンスは4,300円から

特集

page top