東急ハンズ、ライフスタイル提案へ。社内公募からビームスとコラボ

Biz Biz

WORK HANDSショップイメージ
  • WORK HANDSショップイメージ
  • WORK HANDS × BEAMSロゴ
  • WORK HANDSロゴ
東急ハンズは、ビームス(BEAMS)と共同して開発した初となるファッション業態「ワークハンズ(WORK HANDS)」を発表した。10月上旬より東急ハンズ渋谷、心斎橋、博多、横浜各店へインショップとして順次オープンしていく。

この新業態は、1昨年前に東急ハンズ社内事業企画公募で優秀賞を受賞した企画からスタート。同社はアパレルのノウハウが無かったことからファッションブランドを多くクライアントに持つ広告代理店コスモ・コミュニケーションズの異業種コラボレーションプロジェクトサービス「コラボ・コンシェルジュ」に応募し、ビームスとの協業へ至ったという。

ショップコンセプトは“スタイル・フォー・クリエーティブ・ライフ(Style for creative life)”。30から40代の男女に向けてDIYや園芸などの趣味を楽しめるデイリーウエア、生活雑貨などのオリジナル・買い付け商品を提案する。生活用品のみならず、ライフスタイル全般をカバーする。セレクト商品は協働して買い付けを行う。また、両社によるオリジナルワークウエアブランド「WORK HANDS × BEAMS」を立ち上げた。オリジナルと買い付けの構成比率は5:5。ビームスはバイイングやMDをサポートし、同社のメンズクリエーティブディレクター窪浩志氏がメインでディレクションを行う。

リアル店舗の他、東急ハンズネットストアでの販売も開始。来年以降は路面店など単独店の出店も計画している。
《編集部》
  • WORK HANDSショップイメージ
  • WORK HANDS × BEAMSロゴ
  • WORK HANDSロゴ

FEATURED

特集

page top