スマホと連携するG-SHOCKが登場。音楽プレーヤー、アラームなどコントロール

Life Life

「G-SHOCK」の新モデル「GB-6900B」。アラーム設定などスマホからの操作にも対応した
  • 「G-SHOCK」の新モデル「GB-6900B」。アラーム設定などスマホからの操作にも対応した
  • 「GB-X6900B」
 カシオ計算機は8日、スマートフォンの音楽プレイヤーコントロールなどの各種操作が行える「G-SHOCK」の新モデル「GB-6900B」「GB-X6900B」を発表した。発売は9月21日、価格は「GB-6900B」が18,900円、「GB-X6900B」が21,000円。

 「G-SHOCK」とスマートフォンの連携では、これまで電話着信やメール受信を腕時計の音や振動、表示で知らせる通知機能や、スマートフォンの時刻情報を受信して、時計側の時刻を自動修正する機能などがあった。

 今回のモデルでは、Bluetooth 4.0による通信機能を強化。相互にリモート操作ができる第2世代エンジンを搭載し、時計のボタン操作でスマートフォンの音楽プレイヤーのコントロールが行えるようになり、また逆にスマートフォンから時計のタイマーやアラームの設定などが可能となった。

 音楽プレーヤー操作とアラーム操作に対応するのは、iPhone 5/4S(iOS6.0~6.1)、GALAXY S4 SC-04E。通知機能などはAndroid 4.0 LEを搭載するスマートフォンが対応している。通信距離は約2m。

 「GB-6900B」「GB-X6900B」は、20気圧防水で、世界100都市の時刻表示、時刻アラーム5本、1/100秒計測のストップウォッチ、LEDバックライトなどの機能を搭載した「G-SHOCK」。機能は同様だが、「GB-X6900B」のほうが大きなサイズとなっている。

カシオ、スマホの音楽プレーヤーを操作できる「G-SHOCK」……スマホからアラーム設定も可能に

《関口賢》
  • 「G-SHOCK」の新モデル「GB-6900B」。アラーム設定などスマホからの操作にも対応した
  • 「GB-X6900B」

特集

page top