アパレルウェブがO2Oの活性化と海外事業の拡大を目指し、第三者割当増資を実施

Biz Biz

アパレル・ファッション業界に特化したサービスを提供しているアパレルウェブは、6日、産業革新機構を引受先とする第三者割当増資を実施し、上限3億円を新規調達すると発表した。合わせて、グローバル・ブレインが運用するファンドに対しても第三者割当増資を行う。

資金調達の主な目的は、国内事業者に向けたO2Oの活性化と海外事業の更なる拡大。アパレルウェブは幅広い国内アパレル事業者に対し、ブランディング、顧客拡大、店舗誘導など、課題に応じた様々なITソリューションの提供を行っている。今後はそれら個別のソリューションを統合し、O2Oを活性化する事業「アパレルクラウド」をスタートさせる予定。

また、国内アパレル事業者の海外進出サポートにも今まで以上に力を入れていく。昨年はシンガポールにある子会社AWCG PTE. LTD.が、セレクトショップ(JRunway)を同地に開店。商品を輸出販売することで、国内アパレル事業者が海外へ進出する足がかりを作ってきた。今後は東南アジア全域に活動範囲を拡大し、店舗展開以外の角度からも支援を行っていくという。

国内のアパレル市場が人口減少に伴って縮小していく一方で、経済発展が著しい東南アジアのアパレル市場は飛躍的に伸長している。国内アパレル事業者にとって、O2Oを通じた国内顧客への最適なマー-ケティングと、海外顧客への積極的なアプローチは大きな課題。新たな事業資金を元に、アパレルウェブは国内・海外の枠を越えたO2Oの統合的なソリューション提供を行っていく。
《薄井テルオ》

特集

page top