国産ジーンズを歴史を体現する豊島「キャントン」、J.CREWとコラボ発表

Fashion Fashion

国産ジーンズを歴史を体現する豊島「キャントン」、J.CREWとコラボ発表
  • 国産ジーンズを歴史を体現する豊島「キャントン」、J.CREWとコラボ発表
  • 国産ジーンズを歴史を体現する豊島「キャントン」、J.CREWとコラボ発表
豊島は、自社製造のジーンズブランド「キャントン」と米国のアパレルブランド「Jクルー(J.CREW)」とのコラボレーションジーンズを発表した。

このジーンズは開発に約2年の月日を費やしており、本国のJクルー、Jクルーリカーストアなどの直営店と通販サイトのみでの販売となる。Jクルーのレギュラーフィットジーンズのパターン(型紙)を使用し、デニム素材供給と洗い加工の手配はキャントンが行う。使用するデニム生地はオーガニックコットンを混紡した13.75オンスで、洗濯を繰り返すことによって体になじんでいく「シュリンク・トゥ・フィット」を追求した。

キャントンは1963年に日本初の国産ジーンズブランドとして大石貿易が誕生させた。この時、縫製を担当したのがビッグジョンの前身であるマルオ被服である。この当時、デニム生地はアメリカでのみ製造(国産デニム生地が誕生するのはもっと後年)されており、米国キャントン・テキスタイル・ミルズ社のデニム生地を使用したことから「キャントン」ブランドと名付けられた。

68年にキャントン・テキスタイル・ミルズ社とのブランド商標権の問題によりブランドが中止となり、大石貿易はその後の自社ジーンズを「ビッグストーン」のブランド名で継続した。89年に大石貿易創始者の大石哲夫氏が死去した後も大石貿易は事業を継続し、91年にはキャントンのビンテージラインを復刻させるものの、2003年に倒産した。その後、キャントンブランドを豊島が引き継いで今日に至ったという経緯がある。まさに日本の国産ジーンズの歴史を体現したブランドといえる。
《ファッションライター南充浩》
  • 国産ジーンズを歴史を体現する豊島「キャントン」、J.CREWとコラボ発表
  • 国産ジーンズを歴史を体現する豊島「キャントン」、J.CREWとコラボ発表

FEATURED

特集

page top