ミキモト、ロンドンV&A博物館の真珠展に出展。秘蔵ジュエリー渡英

Art Art

ミキモトの帯留「矢車」
  • ミキモトの帯留「矢車」
  • ミキモトの帯留「花車」
  • ミキモトの真珠スカーフ
「ミキモト」はロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)にて9月21日から来年の1月19日まで開催される「パール(Pearls)」展に出展する。

本展では、ミキモト創立者の御木本幸吉が生涯を掛けて取り組んだ養殖真珠が真珠産業における大きな転換点として紹介され、ミキモト真珠博物館が所蔵するパールジュエリーが披露される。1937年のパリ万博に出展された多機能ジュエリーの帯留「矢車」、平安時代の牛車をモチーフとした精巧な帯留「花車」、マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)が2番目の夫のジョー・ディマジオ(Joe DiMaggio)より日本へのハネムーンの際に贈られたアコヤ真珠ネックレスや、アコヤ真珠を使用したスカーフ「ジャーニーオブ5000パールズ(Journey of 5000 Pearls)」が展示される。

パール展では、ヴィクトリア&アルバート博物館がカタール美術館庁と共同主催し、古代ローマから現代までの真珠の歴史を紐解く。ミキモトの他、「ブルガリ(BVLGARI)」「カルティエ(Cartier)」「ショーメ(Chaumet)」「ルネ・ラリック(Rene Lalique)」「ティファニー(Tiffany)」などのジュエリーも展示。スコットランド女王のメアリー(Mary Queen of Scot)を始めとするヨーロッパの王侯貴族や、女優のエリザベス・テイラー(Elizabeth Taylor)が所有したパールジュエリーも披露される。
《くまがいなお》
  • ミキモトの帯留「矢車」
  • ミキモトの帯留「花車」
  • ミキモトの真珠スカーフ

FEATURED

特集

page top