8月6日はアンディ・ウォーホルの誕生日です

Art Art

アンディ・ウォーホル
  • アンディ・ウォーホル
  • アンディ・ウォーホル
  • アンディ・ウォーホル「毛沢東」のポートレイト
  • アンディ・ウォーホル
現代アーティストのアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)は1928年8月6日生まれ。アメリカ合衆国ペンシルバニア州出身。87年2月22日逝去。

幼い頃から体が虚弱で、家庭も裕福ではなかったため、アルバイトをして学費を稼いでいた。高校卒業後はカーネギーメロン大学で広告芸術を学んだ。49年以降にニューヨークへ移り、イラストレーターとしてファッション雑誌『ヴォーグ』や『ハーパース・バザー』などの広告やイラストを手掛けた。

60年に『バットマン』や『スーパーマン』などのマンガを題材にした作品を制作し始めるが、その後61年からはキャンベル・スープ缶やドル紙幣など、身近なものを題材にした作品や、マリリン・モンローのポートレートを色違いで大量生産し、ポップアートと言われる作品を多数生み出した。64年に「ファクトリー」というアトリエを構え、シルクスクリーンプリントの他にも、映画制作や音楽活動などにも携わった。

ポップアートの先駆者として世界的に活躍していた68年6月、ウォーホルは「全男性抹殺団」のメンバーである女性に拳銃で襲撃された。一命を取りとめ、復帰後は再びポートレートのシルクスクリーンプリントを制作し、この時「毛沢東」や「マイケル・ジャクソン」などが描かれた。

69年には現在も続く人気雑誌『インタビュー(Interview)』を創刊。74年には初来日を果たし、TDKのCMにも出演し話題になった。87年に58歳で死去。

7日から国立新美術館で開催される「アメリカン・ポップ・アート展」にて代表作『200個のキャンベルスープ缶』が日本初公開となる。また、ギャラリーターゲットでは8日より、ギャラリーコレクションやエディション作品(限定した部数で版元から販売される版画)などを通してウォーホルを紹介する「WARHOLS - Early Editions & Printed Matters -」も開催される。
《編集部》
  • アンディ・ウォーホル
  • アンディ・ウォーホル
  • アンディ・ウォーホル「毛沢東」のポートレイト
  • アンディ・ウォーホル

特集

page top