ギンザやスイッチで活躍する写真家・小浪次郎8年間の集大成『父を見る』が今秋出版

Art Art

小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
雑誌や広告などの分野で活躍する若手写真家・小浪次郎の写真集『父を見る』がタイクーンブックス(TYCOON BOOKS)より今秋出版される。

小浪が『父を見る』シリーズは8年間にわたるプロジェクト。離れて暮らしていた父親に数年ぶりに会ったことから始まった。大島で美術教師をしていた父との共同制作的なスタイルや、親子の距離感を表現した作品が収められた。

小浪は、1986年生まれの26歳。2006年に写真を始め、東京工芸大学卒業在学中に写真集『ディム・ザ・ライト(Dim the light)』を出版。2010年の卒業後は、写真展やグループ展などで作品を発表し、「アートアワードトーキョー(ART AWARD TOKYO) 2010」のシュウウエムラ賞などを受賞。最近では雑誌『ギンザ(GINZA)』や『スイッチ(SWITCH)』などの他、セレクトショップのビームスやユナイテッドアローズ、伊勢丹などのカタログや広告等も手掛けている。

小浪次郎『父を見る』

jirokonami from tycoonbooks on Vimeo.


《編集部》
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より
  • 小浪次郎『父を見る』より

FEATURED

特集

page top