スマートウォッチ、年内1,000万台規模。スマートグラスは45万台

Biz Biz

スマートグラス(HMD)世界市場規模推移
  • スマートグラス(HMD)世界市場規模推移
  • スマートウォッチ世界市場規模推移
  • スマートフォン連携の概念図
 新世代のインフォメーションデバイスとして「Google Glass」「iWatch」などのウェアラブル端末が注目を集めている。本体が情報処理機能を持っていなくても、スマホ連携により、さまざまな機能を提供する“スマートグラス”“スマートウォッチ”も多数登場している。

 矢野経済研究所は2日、スマートフォンと連携するサービス・機器に関する調査結果を発表した。調査期間は2013年2月~6月で、携帯電話・スマートフォンメーカー、コンピュータメーカー、国内半導体メーカー、関連業界団体等にヒアリングを行ったものだ。

 「スマートグラス」とは頭部に装着する眼鏡型のディスプレイ端末。バッテリー、無線機能を搭載し、スマートフォンと連携してさまざまな情報を表示でき、また音声入力で操作可能な機器だ。また「スマートウォッチ」とはスマートフォンと連携可能な時計型の端末で、時間に加え、メール着信や天気など各種情報の表示、また内蔵されたセンサーで体温、血圧などのバイタルデータの検知・収集が可能な機器だ。接続には、Bluetooth、WiFi(WiFiDIRECT、MIRACAST)、NFCなどのワイヤレス接続が主に用いられる。

 今回の調査によれば、2012年の世界のスマートグラス(HMD)の出荷台数は15万台。2013年の出荷台数は45万台が見込まれるが、市場規模は依然として小さい。2014年の第4四半期以降、IT企業、スマートフォンメーカーなどスマートグラスに参入する企業の増加が見込まれることから、2015年の世界の出荷台数は700万台、2016年は1,000万台と予測された。

 スマートウォッチはすでに市場導入されており、ウェアラブル端末の本命として非常に注目されている。2012年の世界のスマートウォッチの出荷台数は95万台。2013年の出荷台数は1,000万台となる見込みで、大手IT機器メーカーの市場参入が予想される2014年には世界の出荷台数は3,500万台、2016年は1億台と急成長が予測されている。

スマートウォッチの世界市場規模、年内に1,000万台規模に……スマートグラスは45万台

《冨岡晶》
  • スマートグラス(HMD)世界市場規模推移
  • スマートウォッチ世界市場規模推移
  • スマートフォン連携の概念図

FEATURED

特集

page top