没後30周年の寺山修司展開催、寺山の語録“図書館”出現

Art Art

演劇実験室◎ 天井棧敷『星の王子さま』ポスター 1968 デザイン:宇野亜喜良
  • 演劇実験室◎ 天井棧敷『星の王子さま』ポスター 1968 デザイン:宇野亜喜良
  • 演劇実験室◎ 天井棧敷『犬神』フランクフルト公演ポスター 1969 デザイン:粟津潔
  • 演劇実験室◎ 天井棧敷『書を捨てよ!町へ出よう!』ポスター 1969 デザイン:及川正通
  • 寺山修司著『書を捨てよ、町へ出よう』1967 装丁:横尾忠則
今年没後30周年を迎えたのを記念して、寺山修司のイベントが多く開催されている。三沢市寺山修司記念館を始め、シネクイントや世田谷美術館、ワタリウム美術館などでは企画展が開催され、演劇界でも多くの寺山戯曲が上演されている。

東京・表参道のジャイル(GYRE)内アートスペース、アイ・オブ・ジャイル(EYE OF GYRE)では、8月8日から展覧会「寺山修司幻想図書館―書を捨てよ、町へ出よう!―」展が開催。31日まで。入場無料。

本展では、寺山が詩人、劇作家、映画監督、写真家など多岐に渡る活動の中で残した、「言葉」に焦点を当てる。彼の著作を集積した図書館を会場に設置。彼のほぼ全著である189冊の本が並び、俳句や短歌、名言、生前に手掛けたポスターや映像なども「言葉の森」をイメージして展示される。

会期中、トークセッションも開催。10日には、ポスターハリス・カンパニーの笹目浩之の司会の下、元夫人の九條今日子と演出家・編集者の白石征が「寺山修司の言葉の魔力」をテーマに語る。20日には、生駒芳子の司会で、女優の松田美由紀と小説家の田口ランディが「いま考える―書を捨てよ、町へ出よう―」をテーマに語る。参加無料。


【イベント情報】
「寺山修司幻想図書館―書を捨てよ、町へ出よう!―」展
会場:EYE OF GYRE
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE3階
会期:8月8日から8月31日
時間:11:00から20:00
入場無料
《編集部》
  • 演劇実験室◎ 天井棧敷『星の王子さま』ポスター 1968 デザイン:宇野亜喜良
  • 演劇実験室◎ 天井棧敷『犬神』フランクフルト公演ポスター 1969 デザイン:粟津潔
  • 演劇実験室◎ 天井棧敷『書を捨てよ!町へ出よう!』ポスター 1969 デザイン:及川正通
  • 寺山修司著『書を捨てよ、町へ出よう』1967 装丁:横尾忠則

特集

page top