8月1日はイヴ・サンローランの誕生日です

Fashion Fashion

イヴ・サンローラン
  • イヴ・サンローラン
  • イヴ・サンローラン
  • イヴ・サンローラン
ファッションデザイナーのイヴ・サンローラン(Yves Saint-Laurent)は1936年8月1日生まれ。アルジェリア・オラン出身。

17歳の時に、IWS主催のデザインコンクールでカクテルドレスを発表し、最優秀部門を受賞した。この時、審査員であったヴォーグ誌の編集長がクリスチャン・ディオール(Christian Dior)に紹介した。当時ディオールが発表したAラインシルエットをイヴはコンクールで発表していたという。これがきっかけで54年からディオールのアシスタントを務めるようになる。

57年にクリスチャン・ディオールが死去し、イヴは21歳の若さで後継デザイナーに就任。58年に初のコレクションである「トラペーズライン」を発表して好評を博した。しかし60年にアルジェリア戦争に徴兵されたのを機にディオールを去った。

62年、恋人のピエール・ベルジェとともに自身のブランド「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」を設立。女性のテーラード「スモーキング」スタイルや「パンタロン」「サファリルック」「モンドリアンルック」などファッションの歴史に残るデザインを生み出し、「モードの帝王」と呼ばれるようになった。

66年にはプレタポルテライン「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ(Yves Saint Laurent rive gauche)」のブティックをパリにオープンした。リヴ・ゴーシュ=左岸には、当時のクチュールメゾンがシャンゼリゼ近辺(右岸)に開業していたのに対して、一線を画すという姿勢が込められている。その後は97年からメンズラインをエディ・スリマン(Hedi Slimane)、リヴ・ゴーシュを99年からアルベール・エルバス(Alber Elbaz)、01年からトム・フォード(Tom Ford)、04年からステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)が手掛けた。

99年にブランドをグッチグループに売却。イヴ自身は2002年1月に行われたパリのオートクチュールコレクションを最後に引退した。同時に、オートクチュール部門が閉鎖された。

晩年はモロッコの自宅で過ごし、08年6月に71歳で死去。世界中に報じられた。現在「イヴ・サンローラン」は、エディ・スリマンがクリエーティブディレクターを務め、ブランド名が「サンローラン」に変更されている。
《編集部》
  • イヴ・サンローラン
  • イヴ・サンローラン
  • イヴ・サンローラン

特集

page top