『天のしずく辰巳芳子“いのちのスープ”』、世界唯一美食映画部門に出品

Life Life

『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ』 -(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』 -(C) 2012天のしずく製作委員会
公開より8か月たった今も、ドキュメンタリー作品としては異例の全国82劇場(9月までの劇場数)で公開が続く『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』。このほど、世界14大映画祭のうち唯一の“美食映画部門”といえる「第61回サンセバスチャン国際映画祭 キュリナリー・シネマ部門」への正式出品が決定した。

本作は、料理家・作家である辰巳芳子の台所仕事や、今では緩和医療の現場でも広く知られている嚥下障害の父親のために作った “いのちのスープ”と、スープを軸とした出会いや活動を収めたドキュメンタリー作品。制作にかかった歳月は、構想3年、撮影に1年以上。料理家“辰巳芳子”の生き方と言葉には、日本人が忘れてしまった、当たり前の暮らしの中にあった小さな幸福感を感じさせると、全国各地で感動を呼んでいる。

メイン館となった東京都写真美術館ホールでは、昨年11月からの公開でドキュメンタリー映画としての興行収入ランキング歴代3位を記録。“希望を与える映画”として今年の1月からは東北地方でも公開され、以降も自然発生的に全国での公開劇場が増えている珠玉の作品だ。

本作が出品される「キュリナリー・シネマ部門」とは、ベルリン国際映画祭と共同で2011年より設立した、“食”、“ガストロノミー”(食と文化・科学とのかかわり)をテーマとした映画を取り扱う部門。日本からは、料理評論家の服部幸應が国際アドバイザリー委員として携わっており、世界で初めての調理科学・食科学専門の4年生大学である「バスク・キュリナリー・センター」とのコラボレーションのもと、地元の一流レストラン・シェフが映画をオマージュした料理を開発。映画のチケットとレストランでの食事券をセットで販売をする、という世界の映画ファンと美食家たちが注目する、チケット入手の困難な人気部門となっている。

当部門では過去に、東京・銀座の「すきやばし次郎」店主である、鮨職人・小野二郎氏をドキュメントした『二郎は鮨の夢を見る』(2013年2月)や、ミシュラン三ツ星レストランの代表格である、スペインのカタルーニャ地方にある「レストラン・エル・ブリ」の厨房に密着をしたドキュメンタリー『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』(2011年12月公開)なども上映されており、その後は世界公開へとつながる可能性も秘めた、いわば登竜門。

この出品決定に併せて、初の日本人ゲストとして同部門へ、監督を務めた河邑厚徳も参加することが発表された。かつて日本の暮らしに、当たり前のようにあった“いのちのスープ”の優しさは、世界の美食家たちをも癒やしてくれるに違いない。

『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』は全国にて公開中。

第61回サンセバスチャン国際映画祭「キュリナリー・シネマ部門」
開催期間:9月20日~9月28日

『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』、世界で唯一の“美食映画”部門に出品決定

《text:cinemacafe.net》
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』-(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ』 -(C) 2012天のしずく製作委員会
  • 『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』 -(C) 2012天のしずく製作委員会

特集

page top