ヘルシー志向のファッショニスタに愛される「ローズベーカリー」のキャロットケーキ【プレスのオススメ】

Life Life

「ローズベーカリー」のキャロットケーキ(550円)。紙コップを逆さまにしたようなテイクアウト用のケースもユニーク
  • 「ローズベーカリー」のキャロットケーキ(550円)。紙コップを逆さまにしたようなテイクアウト用のケースもユニーク
  • 三越伊勢丹のプレス展示会でふるまわれたケータリングでは、人気のキャロットケーキをはじめ、ブラウニー、ベジタブルケーキなどが食べやすい一口サイズで登場。人数が多いホームパーティやお祝いの席では、ケータリングもおすすめ(要予約)
  • 「ローズベーカリー」のペストリーチーフの宇戸平智子さん
  • パウンドケーキは 日替わりで、数種類ライナップ。写真は、爽やかなレモン風味のケーキ(400円/100g)と、ピスタチオがたっぷり入った商品(550円/100g)
  • 「ローズベーカリー」店内には、オーガニックにこだわったジャムやパン、野菜や紅茶なども販売されていている
  • ホワイトを貴重にしたシンプルな店内。木製のテーブルやイスが並び、スタイリッシュながらも落ち着ける空間
  • 「ローズベーカリー」は、イギリス人のローズさんと、ご主人のジャン=シャルルさんにより、2002年にパリでオープン。日本は、4店舗を展開。
  • 店内では、食材も販売
パリ屈指のベーカリーカフェ「ローズベーカリー」。オーガニック野菜や穀物などにこだわるだけでなく、素材の持ち味を引き出すシンプルでナチュラルなレシピが注目を集める。

先日行われた伊勢丹新宿店のプレス展示会では、このキャロットケーキも含めたローズベーカリーのケータリングがおもてなしフードとして登場。見た目も味も美味しいフーズはゲストたちにも大好評だったそう。

スイーツもデリも丁寧に手作りされているため、一つひとつ微妙に形が違う。そんな点からも、作り手の愛情や優しさを感じると、 誰もが一度食べるとファンに。日本でも2011年に上陸して以来、ヘルシー志向のファッショニスタに愛されている。

そんなローズベーカリーを代表するスイーツが「キャロットケーキ」だ。スポンジには、千切りにしたニンジンと、クルミ、シナモンがたっぷり。その上に濃厚なクリームチーズが帽子のようにトッピングされている点も特徴だ。ふんわりとしているのに、しっとりと重厚感があり、食べごたえは抜群。にんじんの甘みとクリームチーズのコンビネーションも絶妙で、口に入れた瞬間に優しい甘さと香ばしさが広がる。

日本では、丸の内(東京都千代田区丸の内2-1-1明治安田生命ビル1階)、吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24アトレ吉祥寺1階)、銀座(東京都中央区銀座6-9-5ギンザコマツ西館7階)、伊勢丹新宿(東京都新宿区新宿3-14-1伊勢丹新宿本館3階)に店舗を構える。
《Yoko Kakinuma》
  • 「ローズベーカリー」のキャロットケーキ(550円)。紙コップを逆さまにしたようなテイクアウト用のケースもユニーク
  • 三越伊勢丹のプレス展示会でふるまわれたケータリングでは、人気のキャロットケーキをはじめ、ブラウニー、ベジタブルケーキなどが食べやすい一口サイズで登場。人数が多いホームパーティやお祝いの席では、ケータリングもおすすめ(要予約)
  • 「ローズベーカリー」のペストリーチーフの宇戸平智子さん
  • パウンドケーキは 日替わりで、数種類ライナップ。写真は、爽やかなレモン風味のケーキ(400円/100g)と、ピスタチオがたっぷり入った商品(550円/100g)
  • 「ローズベーカリー」店内には、オーガニックにこだわったジャムやパン、野菜や紅茶なども販売されていている
  • ホワイトを貴重にしたシンプルな店内。木製のテーブルやイスが並び、スタイリッシュながらも落ち着ける空間
  • 「ローズベーカリー」は、イギリス人のローズさんと、ご主人のジャン=シャルルさんにより、2002年にパリでオープン。日本は、4店舗を展開。
  • 店内では、食材も販売

特集

page top