京料理の名店、茶人の若女将オススメは「京華堂利保」の「濤々」【京都粋人の手土産】

Life Life

「京華堂利保」の「濤々(とうとう)」
  • 「京華堂利保」の「濤々(とうとう)」
  • 「京華堂利保」の外観、三条京阪駅から鴨川沿いを歩いて約10分。京都市左京区二条通川端東入ル難波町
  • 濤々6個入1,638円
  • 京懐石の名店「桜田」の桜田睦子さん
  • 取っておきたくなる「京華堂利保」の包み紙
京都の粋人たちが選ぶ、お洒落な手土産のシリーズ連載。第3回目はミシュランガイドでも星を獲得した京懐石の名店「桜田」の桜田睦子さん。現在は、父である店主と母である女将をサポートし、若女将として活躍。

武者小路千家十四代家元から直々に指導を受け、茶道の稽古を積んでいる睦子さん。「7年前、初めてお稽古にうかがった際、そこでいただいた京華堂利保さんの青梅という初夏の主菓子が見た目にも美しく、おいしく、感動して。私にとって、京華堂利保さんは茶道を続けようと思うきっかけになった大切なお店です」。

「京華堂利保」の上生菓子は注文のみであり、日持ちもしないため、おもたせには「濤々とうとう)」を購入することが多いそう。「濤々」は大徳寺納豆入りの餡を麩焼き煎餅で挟んだ菓子であり、命名は武者小路千家十三代家元である有隣斎宗匠によるもの。

”濤々”は波の音を意味し、釜の煮えたぎる音を表していると言われ、武者小路千家官休庵の利休堂には「濤々」と書かれた額がかけられている。「クセのある大徳寺納豆が餡としっとりなじんでいて、硬めに焼かれた麩焼き煎餅とのコントラストもいい。単純に可愛い、おいしいだけでなく、銘や誕生にストーリーがあるのも京菓子らしく、お茶をやっていらっしゃる方には特に喜ばれます」。

「京華堂利保」のお店は三条京阪駅から鴨川沿いを歩いて約10分。京都市左京区二条通川端東入ル難波町。営業時間は9:00から18:00、日曜、祝日、第3・第4・第5水曜休み。
《天野準子》
  • 「京華堂利保」の「濤々(とうとう)」
  • 「京華堂利保」の外観、三条京阪駅から鴨川沿いを歩いて約10分。京都市左京区二条通川端東入ル難波町
  • 濤々6個入1,638円
  • 京懐石の名店「桜田」の桜田睦子さん
  • 取っておきたくなる「京華堂利保」の包み紙

FEATURED

特集

page top