ミキモト、世界5都市で「真珠に関する意識調査」実施。冠婚葬祭以外でも使えるジュエリー提案

Fashion Fashion

真珠ジュエリーの着用機会
  • 真珠ジュエリーの着用機会
  • 所持している真珠ジュエリーの着用頻度
  • 真珠ジュエリーの着用頻度。東京と4都市の比較
  • 今後着用したいシーン
  • オペラ座の天井画をモチーフとしたペンダント2点、シャンデリアのブローチ
  • パールの位置を動かせるネックレス
  • オペラレングス(80cm)のネックレス
  • 左より、カルメンのブローチ、白鳥の湖のブローチとペンダント
真珠発明120周年を迎えた「ミキモト」は、今年2月世界5都市で「真珠に関する意識調査」を実施した。調査対象となったのは、東京、ロンドン、パリ、ニューヨーク、上海在住で、真珠のジュエリーを一つ以上所有する、20から50代の女性。各都市200名、合計1,000名が回答した。

真珠のジュエリーを着用する機会は、5都市平均で「結婚式」がトップ(55.1%)で、「ディナー」(39.6%)、「デート」(22.5%)が続く。東京のみ「結婚式」(67.0%)に次ぎ「葬式」が第2位(62.0%)となり、「ディナー」(13.0%)と「デート」(8.0%)は低い数値に。真珠のジュエリーの着用頻度は、東京を除く4都市平均では「月に1回以上」が67.1%を占めたが、東京は「年に1から3回程度」と「全く、またはほとんど着用しない」の合計が6割以上に(62%)。東京では、真珠が冠婚葬祭に着用するジュエリーと捉えられており、そのため着用機会も少ないことが判明した。しかし、東京の女性達も「ディナー」(39.0%)や「記念日」(30.5%)、「観劇・演奏会」(23.8%)などの大切な場面で着用したいとは考えている。

10日に銀座本店で開催されたミキモト今秋冬シーズン新作発表会では、冠婚葬祭に限らず様々なシチュエーションで着用できるパールジュエリーを提案。ボウタイをモチーフにしたブローチを装着できるパールネックレス(105万円)は、通常より長めのオペラレングス(80cm)にすることで、少しカジュアルな装いにも対応。パールの位置を手で簡単にスライドできる2連ネックレス(56万7,000円)も、様々な表情に変えられる。パリ・オペラ座のシャンデリアをモチーフにしたブローチ(42万円)、オペラ「カルメン」をモチーフとしト音記号に棘(とげ)のあるバラをあしらったブローチ(37万8,000円)、バレエ「白鳥の湖」をイメージした羽根のペンダント(ブローチ兼用、4万950円)など、観劇・演奏会に合うアイテムも提案。

また、パールとダイヤモンドで光線を表現したピアス(94万5,000円)や、ダイヤモンドのラインがパールを抱え込むスタイルのペンダント(157万5,000円)は、側面から見ると異なる印象を与える立体的な形状。5都市調査の「清楚・上品」(63.2%)、ともすれば「地味」(9.3%)でコンサバというイメージを覆す、シャープで辛口なデザインを企図したという。
《くまがいなお》
  • 真珠ジュエリーの着用機会
  • 所持している真珠ジュエリーの着用頻度
  • 真珠ジュエリーの着用頻度。東京と4都市の比較
  • 今後着用したいシーン
  • オペラ座の天井画をモチーフとしたペンダント2点、シャンデリアのブローチ
  • パールの位置を動かせるネックレス
  • オペラレングス(80cm)のネックレス
  • 左より、カルメンのブローチ、白鳥の湖のブローチとペンダント
  • トレモロをテーマにダイアモンドが細かく揺れるペンダント、イアリング
  • メレダイヤを敷き詰めたピアス、ペンダント
  • 光線を表現したリング、ペンダント、ピアス
  • しずくを表したペンダント、ピアス
  • 所持している真珠ジュエリーアイテム
  • 欲しい真珠ジュエリーアイテム
  • 真珠ジュエリーを購入したい場所
  • 着用の参考にしているもの
  • 入手方法
  • ファーストパールの入手方法
  • ファーストパールを手に入れた年齢
  • 洋服とジュエリーを重視する割合
  • 真珠のイメージ
  • 真珠の好感度
  • 真珠が好きな理由
  • 好きな宝石

特集

page top