旧万世橋駅レンガアーチ利用のレトロ空間で、ビールイベント「ビアアーチ」開催

Life Life

神田麦酒祭り「ビアアーチ」開催!
  • 神田麦酒祭り「ビアアーチ」開催!
JR東日本ステーションリテイリングは、現在開発中の万世橋高架橋周辺の地域活性化を目的とする「神田麦酒祭り」の一環として、「ビアアーチ」を22日より開催する。

「ビアアーチ」は、旧万世橋のレンガアーチを利用したレトロな雰囲気の飲食イベント。新設される商業施設のプレオープンイベントとして催され、ビールやおつまみを販売し、周辺エリアの歴史展示も行う。

現在、同社は万世橋高架下のアーチ内部に旧万世橋駅の遺構と一体化した商業施設開発が進行中。高架橋に現存する2ヶ所の旧駅舎の階段の遺構を通じ、線路階段の旧ホーム部まで上がり、回遊できる施設とする。旧ホーム部には、両側に中央線が行き交う展望カフェと屋外デッキを整備。公開空地には、旧万世橋駅のレンガ基礎の展示や、レンガを使用したターミナル風ベンチを置く。神田川側には、親水性の向上を目的としたデッキを設置。神田川を挟んで隣接する秋葉原、神田須田町、淡路町のエリアと繋ぐ結節・交流拠点として、オープンスペースも設ける。

開発コンセプトは「万世橋駅サロン」。万世橋周辺が繁華街として栄えた明治・大正期に文化人や著名人が訪れたサロンのように、文化や情報が集積し、また発信し続ける場を目指す。MDコンセプトの「新しいニッポンの息吹」に基づき、日本の誇りや生活、各地域の魅力をテーマとした飲食・物販店舗が並ぶ。今夏開業予定。

旧万世橋駅界隈は、江戸時代に「筋違見附」という広場を中心として繁栄。明治時代には、中央線ターミナルとして万世橋駅が開業。銀座に並ぶ繁華街ができ、文化人や著名人に愛され、ビアホールも存在した。1943年に廃駅となったが、36年に併設された交通博物館が2006年に閉館されるまで、多くの人が訪れた。現在再開発が進行中で、今年1月、東京都認証保育所、ラウンジ機能を有した会議室などを有する「JR神田万世橋ビル」が竣工した。


【イベント情報】
神田麦酒祭り「ビアアーチ」
場所:万世橋高架橋※開発エリアの一部を先行使用
住所:東京都千代田区神田須田町1-25-4
会期:7月22日から8月18日
時間:17:00から22:00、土曜は12:00から22:00、日曜は12:00から20:00
《くまがいなお》
  • 神田麦酒祭り「ビアアーチ」開催!

FEATURED

特集

page top