『装苑』と「装苑賞」その歩み展開催。ドレキャン、ソマルタ、イッセイなど続々来場

Fashion Fashion

月号順に並ぶ装苑表紙
  • 月号順に並ぶ装苑表紙
  • 装苑創刊号
  • 80年代のミヤケイッセイと高田健三の対談
  • パリコレクション特集
  • 2回には装苑賞受賞作品が並ぶ
  • 山本耀司の作品
  • 高橋悠介の作品
  • 故熊谷登喜夫氏の作品
ファッション誌『装苑』の創刊77周年と文化学園創立90周年を記念した、『装苑』と「装苑賞」その歩み展が、9月28日まで東京・代々木の文化学園服飾博物館で開催されている。

同展は『装苑』創刊号から最新号までの850冊と「装苑賞」受賞作品84点を展示。それぞれが果たした役割やその歩み、日本ファッションの動向を振り返り、更なる飛躍のヒントを探ることを目的としたもの。

1階では『装苑』を展示。最新のパリコレクション情報を紹介するようになった50年代や鷲尾いさ子などの日本人モデルを起用した80年代、ファッションだけでなく建築やグラフィック、映画なども紹介するようになった2000年代など、日本のファッションと共に歩んだ同誌の歴史を紹介している。

2階ではこれまでの装苑賞受賞作品を時系列で展示。高田賢三、山本耀司、山本寛斎の各氏の作品から、故熊谷登喜夫氏や故安部兼章氏の作品、14SSからイッセイミヤケ・メン(ISSEY MIYAKE MEN)のデザイナーに就任した高橋悠介の作品までを見ることができる。また、会場奥では、岡田眞澄氏が司会を務めた映像など最終審査会のダイジェスト映像も紹介している。

初日の3日には装苑賞受賞者であるコシノジュンコや津村耕佑の他、ドレスキャンプ(DRESSCAMP)の岩谷俊和、ソマルタ(SOMARTA)の廣川玉枝、イッセイミヤケの宮前義之、ネ・ネット(Né-net)の高島一精なども来場。

津村氏は「当時もアンチファッションというつもりでデザインしていた。機械の配線図とアフリカから発想したグラフィックを紐で表現するなど、形はシンプルでテキスタイルに凝っている。今の受賞作品達も変わっていないですね」と話した。


【イベント情報】
『装苑』と「装苑賞」その歩み展
場所:文化学園服飾博物館
住所:東京都渋谷区代々木3-22-7新宿文化クイントビル1階
会期:9月28日まで
時間:10:00から16:30(7月19日、9月27日は19:00閉館、入場は閉館30分前まで)
休館日:日曜日、祝日、8月11から18日(7月28日、8月4日は開館)
入場料:一般500円、大高生300円、小中生200円
《樋口真一》
  • 月号順に並ぶ装苑表紙
  • 装苑創刊号
  • 80年代のミヤケイッセイと高田健三の対談
  • パリコレクション特集
  • 2回には装苑賞受賞作品が並ぶ
  • 山本耀司の作品
  • 高橋悠介の作品
  • 故熊谷登喜夫氏の作品
  • 高田賢三の作品
  • コシノジュンコの作品
  • 山本寛斎の作品
  • 津村耕佑と氏の作品
  • 廣川玉枝と宮前義之
  • 岩谷俊和が来場

特集

page top