ロココのファッションアイコンが愛した“美”を巡る 。「マリー・アントワネット物語」展開催

Entertainment Entertainment

「マリー・アントワネット物語」展
  • 「マリー・アントワネット物語」展
  • 王妃マリー・アントワネットと子供達
  • オーストラリア皇女マリア・アントニア
  • マリー・アントワネットの扇
  • マリー・アントワネットの肖像画で装飾された小箱
  • 軍艦「ベル・プル(美しき雌鳥)」のヘアスタイル
兵庫県立美術館にて6日より、マリー・アントワネットの一生を辿る展覧会が開催される。彼女のファッションやライフスタイルに焦点を当て、紹介する。

18世紀後期、14歳でウィーン・ハプスブルク家からフランス・ブルボン家に嫁いだ王妃マリーは、ヴェルサイユ宮殿に自分の趣味を持ち込んだ唯一の王妃だと言われている。彼女の愛用したドレスや装飾品、更に彼女が好んだ菓子やコーヒー、入浴習慣といったライフスタイルまでもが、貴族たちの憧れとなり、ロココ文化円熟期にあったフランスに流行を生み出した。

専属のスタイリストを抱え、現代の日本円に換算して年間10億円にも及ぶ巨額の費用をファッションにつぎ込んだといわれるマリー。その華やかな宮廷生活が王家の財政を圧迫したと伝えられるが、その一方でシルクやレース、リボン、香水など「メイド・イン・フランス」製品の美しさを国外にまで広め、フランス経済の発展にも貢献していたという説もある。

また、彼女は毎年約170着のドレスをオーダーメイドしていたというが、革命の混乱などによりドレスは現存していない。そこで本展では、当時より続く王室御用達のテー ラーであるプレル(Prelle)社や専門のアトリエによって、ドレスやヘアスタイルを特別に復元する。

なお本展は9月11日からは岡山にも巡回する。


【イベント情報】
「マリー・アントワネット物語」展
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜南岸通1-1-1(HAT神戸内)
会期:7月6日から9月1日
時間:10:00から18:00(金・土曜日は20:00まで)
料金:一般1,300円、池田理代子原画特典付きチケット1,700円(購入はオンラインのみ)
休館日:月曜日(7月15日は開館、翌16日休館)
《岡本恵美》
  • 「マリー・アントワネット物語」展
  • 王妃マリー・アントワネットと子供達
  • オーストラリア皇女マリア・アントニア
  • マリー・アントワネットの扇
  • マリー・アントワネットの肖像画で装飾された小箱
  • 軍艦「ベル・プル(美しき雌鳥)」のヘアスタイル

特集

page top