ピカソ没して渋谷パルコ誕生、40周年記念してパブロ・ピカソ作品展

Art Art

「ピカソ愛と芸術の版画展」
  • 「ピカソ愛と芸術の版画展」
  • オリジナル音声ガイドを務める、山田五郎氏
  • シークレット音声ガイドを務める、友近さん
ピカソ没後40年を記念した展覧会「ピカソ愛と芸術の版画展」が7月19日より渋谷・パルコミュージアムにて開催される。会期は8月19日まで。

スペインの画家、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)が生涯に制作した約2,000点の版画作品の中から、男女をテーマにした作品、女の肖像作品を中心に約60点が展示。代表作「女の顔」や「女のベールをとる男」「読書するジャクリーヌ」などが登場する。

本展は渋谷パルコ開店40周年の記念展として開催。特別企画としてオリジナルの作品音声ガイドを2種用意。西洋美術に造詣の深い編集者・評論家の山田五郎によるスタンダード音声ガイドと、タレントの友近によるシークレット音声ガイドから選ぶことができる。それぞれ利用料は200円で、スマートフォンでのアプリのダウンロードが必要。

【イベント情報】
ピカソ愛と芸術の版画展
会場:パルコミュージアム(渋谷パルコPART1・3階)
住所:東京都渋谷区宇田川町15−1
会期:7月19日から8月19日
料金:一般500円、学生400円、小学生以下無料
《編集部》
  • 「ピカソ愛と芸術の版画展」
  • オリジナル音声ガイドを務める、山田五郎氏
  • シークレット音声ガイドを務める、友近さん

特集

page top