人気すぎる北欧雑貨ショップ「タイガー」、ササビーリーグと国内展開。年度中に東京進出

Biz Biz

昨年7月に大阪・アメリカ 村にオープンしたアジア圏初の店舗「タイガーコペンハーゲン」
  • 昨年7月に大阪・アメリカ 村にオープンしたアジア圏初の店舗「タイガーコペンハーゲン」
  • タイガーコペンハーゲン店内
  • トイレでゴルフ(トイレマット)、ハエたたき、マスタッシュアンブレラ、ライト付きアンブレラ、ハンドバッグ柄のバッグ
サザビーリーグは、コペンハーゲンのゼブラ(Zebra A/S)社が手掛ける北欧雑貨ブランド「タイガー(Tiger)」の日本展開に関して、正式契約を締結した。

ササビーリーグは、1日付けでタイガーの日本法人であるZebra Japan株式会社の発行済株式の50%を取得。Zebra A/Sとの合弁企業として事業を開始した。両社のライフスタイルを重視する価値観が合致していることに加え、ササビーリーグにとってはグループ事業のポートフォリオ拡大、ゼブラはサザビーリーグの持つ店舗展開などのノウハウを獲得することで、大きな相乗効果が得られると考え契約に至ったとしている。

今後、全国主要都市の路面店、商業施設や駅ビルを中心に店舗面積300から500平方メートル規模の出店を予定。今年度中に東京1号店を出店し、中期的には50店舗まで拡大する見込み。物流インフラを整備し取り扱い品目を増やすことで、欧州店舗と同等の規模で商品提供をしていく。

タイガーは、1995年にコペンハーゲンで小規模な小売店舗としてオープンし、現在は19ヶ国に220店舗以上を展開。日本では昨年7月に大阪のアメリカ 村にアジア圏初の店舗「タイガーコペンハーゲン(TIGER COPENHAGEN)」をオープンしたところ、想定以上の人気に品切れ状態となり、2度に渡り臨時休業の措置を取った。すべてのアイテムが2,000円以下で、デザイン性の高いアイテムを数百円で購入できるという価格設定が強み。ホームグッズからオフィス用品、ホビー雑貨、ファッションアイテムまで幅広くそろう。
《くまがいなお》
  • 昨年7月に大阪・アメリカ 村にオープンしたアジア圏初の店舗「タイガーコペンハーゲン」
  • タイガーコペンハーゲン店内
  • トイレでゴルフ(トイレマット)、ハエたたき、マスタッシュアンブレラ、ライト付きアンブレラ、ハンドバッグ柄のバッグ

FEATURED

特集

page top