美肌の天敵とは?ライフスタイルから見えてくる女性の肌

Beauty Beauty

シミのリスク
  • シミのリスク
  • 角層の保水能力
  • 皮フ温と皮フバリア機能の関係
  • ライフスタイルに関する項目
 ニキビ(吹き出もの)や毛穴の黒ずみ、目の下のクマ、肌荒れ、シミ、シワなど、肌に関するトラブルに悩まされたことがある人は少なくないだろう。

 多くの人が、肌のダメージをケアするために「化粧品」を利用するが、肌に合わなかったり、人によってはトラブルが悪化するケースもありえる。この原因は、化粧品にあるのだろうか?

 化粧品メーカーのポーラが、自社で展開する化粧品ブランド「アペックス・アイ」のスキンチェックデータをもとに、肌の状態を分析。秋から冬にかけ、25歳から39歳の有職者女性(会社員、公務員、パート・アルバイト)と有職者以外の女性(専業主婦、無職、その他)、206,311人のデータを分析した結果、ライフスタイルの違いによって、肌の傾向に違いがあることがわかった。

 有職者は、仕事によるストレスや寝不足、冷暖房の中にいる時間が長い傾向にある。その状態が長時間続くと、体温が低下して肌が冷えがちになり、その結果、角層のうるおいを保つ力が低下してしまうという。

 実際に、アペックス・アイのカウンセリングデータによると、有職者は有職者以外の人に比べ、「ストレスが多い」、「冷暖房の中にいることが多い」、「目が疲れやすい」、「バランスの悪い食事、不規則な食事をしている」と答える割合が高い結果になった。

 一方、秋から冬のシミのリスクについては、有職者女性は有職者以外の女性よりもリスクが低いことがわかった。有職者は、日中にオフィスなどの室内にいる時間が長いが、有職者以外は、買い物や子どもの散歩など日中に外出し、日に当たる機会が多いライフスタイルが影響していると考えられる。

 この結果から分かるように、ライフスタイルによって、肌が受けるダメージが違ってくる。美肌を実現するためには、まずライフスタイルを見直し、そのうえで自分の肌に合う化粧品を探すのがよさそうだ。

美肌の天敵とは? ライフスタイルから見えてくる女性の肌

《ダイエットクラブ編集部》
  • シミのリスク
  • 角層の保水能力
  • 皮フ温と皮フバリア機能の関係
  • ライフスタイルに関する項目

FEATURED

特集

page top