クレディセゾンとカンム、日本初の会員送客サービス「セゾンCLO」をスタート

Biz Biz

クーポン画面遷移図
  • クーポン画面遷移図
クレディセゾンとカンムは、クレジットカード決済連動型の送客サービス「セゾンCLO」を24日から開始した。

CLO(Card Linked Offer)は2008年にアメリカで始まり、現在40万以上の加盟店が参加しているB to Bサービス。CLOベンダーがクレジットカード会社の決済インフラを活用し、カード会員の利用履歴を分析。それに基づいて個々の会員に適したインセンティブを付与し、店舗への送客を促すという仕組みだ。カンムは日本初のCLOベンダー。CLOの日本導入は今回が初めてのケースになるという。

セゾンCLOでは、年齢・性別・住所・利用履歴などの会員情報に基づき、会員の好みに合わせた加盟店優待情報を、閲覧率の高いウェブ明細画面上に配信する。会員は画面上に表示されたクーポンを通じて、利用したい加盟店にエントリー。その後、該当する加盟店でカードを利用すると、最大40倍の「永久不滅ポイント」を受け取ることができる。

サービス利用にあたり、加盟店は成功報酬型の送客手数料を支払う形になるが、専用端末の導入や店頭オペレーションは不要なので、初期費用や教育コストはかからない。カード決済環境さえあれば、低コストで実店舗やネット通販、カタログ通販などに「セゾンCLO」を導入できる。導入後は、来店見込みの高い会員や来店して欲しい会員に絞った、きめの細かいターゲットマーケティングが可能。カード業界最大規模となる880万人のネット会員と「永久不滅ポイント」という、クレディセゾン独自の強みを活かした加盟店への送客サービスとなっている。

クレディセゾンとカンムは、大手百貨店や専門店などの商業施設、コンビニ、外食産業、ホテルやゴルフ場などのレジャー施設など、幅広いジャンルの加盟店へ導入を促していく予定。サービス開始時点では、QVC、ディノス、TOHOシネマズ、パルコ、ローソン、ロハスインターナショナルなどが参加している。今後はGPSやカレンダー機能を活用したスマホアプリの開発を進め、サービスの拡充を図っていく。
《薄井テルオ》
  • クーポン画面遷移図

特集

page top