【スタイリスト10人に聞く】渡辺康裕編:ユニーク&ベーシック、日常着感覚のYUKATA

Fashion Fashion

DIRECTION&STYLING 渡辺康裕
  • DIRECTION&STYLING 渡辺康裕
  • スタイリスト・渡辺康裕氏
  • 伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージの様子
伊勢丹新宿店にて日本を代表するトップスタイリスト10人がデザインした浴衣が登場するポップアップイベント「ゆかたスタイリストメイド(STYLIST MADE)」が本館1階ザ・ステージにて6月19日から25日まで開催される。(会期終了後は伊勢丹本館7階呉服で取り扱い)

ファッションヘッドラインでは、スタイリスト10人にインタビューを敢行!リレー形式でご紹介。

今回は、渡辺康裕氏。一見、ボーダー柄のように見えるが、実は全面に小さな馬のモチーフが施された浴衣。現代的でありながら、染色はオーセンティックな技法を採用するなど、ワードローブを意識したベーシックな浴衣を提案している。

ーー今回、取り入れた日本の染色・織の技法は?また、その技法を採用した理由は?

注染(ちゅうせん)。王道、かつ伝統の技だから。

ーー本業のスタイリングと、洋服(今回は浴衣)をデザインすることの違いは?

まったく別物。まず起点が違う。例えるなら、スタイリングはDJ、デザインは作曲。

ーー実際に浴衣を制作して苦労した点、新しい発見などがあればお聞かせ下さい

浴衣はシンプルで、かつ大胆。勢いがあると感じた。

ーー今後、スタイリングやデザインに取り入れていきたい日本の伝統の技は?

自国の伝統を勉強し継承していかなければと。

ーーご自身が思う、一番浴衣が似合うかっこいい男性像は?

七三、ポマード、中肉中背。

ーー浴衣をデザインさせたい国内外のデザイナーは?

ドリス・ヴァン・ノッテン、トム・ブラウン、リック・オウエンス

ーーご自身が浴衣でお出掛けした思い出の中で、一番印象的な出来事はどんなことですか。また、おすすめのシチュエーションやスポットはどこですか?

浴衣を特別と捉えず、日常で楽しんでほしい。

【プロフィール】
1972年、山口県生まれ。メンズ・レディスを問わず、雑誌、広告、ショーなどでスタイリングを手掛ける。「新宿スタイル・コレクション」におけるショーや企業キャンペーンポスターなど、伊勢丹関連の仕事も継続して行っている
《編集部》
  • DIRECTION&STYLING 渡辺康裕
  • スタイリスト・渡辺康裕氏
  • 伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージの様子

FEATURED

特集

page top