【スタイリスト10人に聞く】熊谷隆志編: テーマは「JAPAMISH」、クラフト感漂う新感覚YUKATA

Fashion Fashion

DIRECTION&STYLING 熊谷隆志
  • DIRECTION&STYLING 熊谷隆志
  • スタイリスト・熊谷隆志氏
  • 伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージの様子
  • パッチワークが施されクラフト感あふれるスタイリング
  • 熊谷隆志氏スタイリングの浴衣、雪駄、根付
伊勢丹新宿店にて日本を代表するトップスタイリスト10人がデザインした浴衣が登場するポップアップイベント「ゆかたスタイリストメイド(STYLIST MADE)」が本館1階ザ・ステージにて6月19日から25日まで開催される。(会期終了後は伊勢丹本館7階呉服で取り扱い)

ファッションヘッドラインでは、スタイリスト10人にインタビューを敢行!リレー形式でご紹介。

今回は、熊谷隆志氏。テーマは「JAPAMISH」。アメリカ・ペンシルバニア州などに住むアーミッシュの織り物にインスパイアされた、ところどころに生地のほつれを加え、クラフト感を意識した新感覚の浴衣を提案している。

ーー今回、取り入れた日本の染色・織の技法は?また、その技法を採用した理由は?

今回、僕はイメージだけを伝え、技法については職人の方にお任せした。

ーー本業のスタイリングと、洋服(今回は浴衣)をデザインすることの違いは?

違いは全くない。

ーー実際に浴衣を制作して苦労した点、新しい発見などがあればお聞かせ下さい

自分でも初めて「着てみたい」と思った。

ーー今後、スタイリングやデザインに取り入れていきたい日本の伝統の技は?

やはり、染めのカラーかな。

ーーご自身が思う、一番浴衣が似合うかっこいい男性像は?

武蔵丸さん。

ーー浴衣をデザインさせたい国内外のデザイナーは?

マルタン・マルジェラ。

ーーご自身が浴衣でお出掛けした思い出の中で、一番印象的な出来事はどんなことですか。また、おすすめのシチュエーションやスポットはどこですか?

浴衣を着て外出した経験はまだないです。


【プロフィール】
1970年生まれ。渡仏後、1994年にスタイリストとして活動をスタート。1998年、レイク・タホ名義でフォトグラファーとしての活動も開始。2008年よりフォトグラファー名義を本名の熊谷隆志とし、広告・雑誌等で活躍する傍ら、さまざまなファッションブランドのブランディング、ショップ内装や植栽のディレクションなど幅広い分野で行う。
《編集部》
  • DIRECTION&STYLING 熊谷隆志
  • スタイリスト・熊谷隆志氏
  • 伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージの様子
  • パッチワークが施されクラフト感あふれるスタイリング
  • 熊谷隆志氏スタイリングの浴衣、雪駄、根付

特集

page top